1. サントリー天然水ウォーターサーバーのお水について

サントリー天然水ウォーターサーバーのお水について

サントリー天然水ウォーターサーバー
水の種類天然水
ボトルタイプポリエチレンバッグ(使い捨て)
注文単位(最少注文数)3本
サーバーレンタル料0円
ボトル1本の値段1,150.0円
ボトルの内容量(ℓ)8ℓ
水の価格(500㎖あたり)73.7円
対応地域全国

南アルプスの天然水を

サントリー天然水ウォーターサーバーは有名な南アルプスの天然水が自宅でも気軽に味わうことができるのが魅力です。

南アルプスの天然水のペットボトルを一度は飲んだことがあるという方が多いのではないでしょうか。およそ20年以上の年月をかけて磨かれた飲みやすい天然水。
サントリー天然水はナチュラルミネラルウォーターで、ろ過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をしていないお水になります。RO水のように人工的にミネラル成分を添加していないので、天然水本来の美味しさを生かしたウォーターサーバーです。

硬度30mg/Lの軟水で、さわやかな清涼感のある味わいを楽しむことができます。
さらに、天然水の安全にもこだわり、水道法の水質基準である51項目を大きく上回る約200項目をサントリー独自が設定し、天然水の安全性を徹底しています。

サントリー天然水のおいしさキーパー

サントリー天然水ウォーターサーバーにはいつも衛生的でおいしいお水が飲めるよう、サントリー独自が開発した「おいしさキーパー」機能を搭載しています。

1日1回、決まった時間に約2時間かけて熱水を循環させて殺菌をし雑菌から守っています。そうすることでサーバー内を清潔に保ってくれています。
毎日おいしさキーパーが作動することで、南アルプスで汲み上げた天然水をおいしいまま楽しむことができるのです。

おいしさキーパーの作動時間は約1~2時間かかります。その間はサーバーを使用することができません。作動する時間はタイマー設定できますので、就寝時など使わない時間帯に設定するのが良いでしょう。
おいしさキーパー機能でサーバー内が衛生的に保たれているので内部メンテナンスは不要になりますが、日常的なお手入れは必要になります。天然水ボックスを交換する際に注ぎ口の周りや水受け皿などお掃除するようにしましょう。

4段階の温度設定機能付き

ウォーターサーバーの温度は、冷水の場合は5~10℃、温水の場合は80~90℃くらいの2段階に設定されているものが多いです。しかし、サントリー天然水ウォーターサーバーは冷水2段階と温水2段階の4段階温度設定機能を搭載しています。温度調整ができるサーバーはあまりないのでめずらしい機能だと思います。

冷水は通常モードで4~9℃、弱冷モードでは12~15℃の2段階。夏の暑い時期の水分補給は冷水で、弱冷モードは常温に近いお水なので冬の寒い時期の飲み水にオススメです。冷たいお水を飲むと体が冷えてしますので常温のお水がすぐに飲めるのは女性にとって嬉しい機能ですよね。

温水は通常モードで85~92℃、弱温モードで70~75℃の2段階。さらに通常モードには再加熱機能を搭載。ホットコーヒーやお茶、カップ麺などの使用には温水で、赤ちゃんのミルクを作るときには弱温モードといったような使い分けができます。
また、弱冷モード・弱温モードにすることで省エネにもなります。ご使用目的・用途に合わせて選ぶことができますので、とっても便利なウォーターサーバーです。

サントリー天然水ウォーターサーバーの特集記事

  1. サントリー天然水ウォーターサーバーの特徴

    サントリー天然水ウォーターサーバーの特徴 サントリー天然水ウォーターサーバーは有名な南アルプスの天然水を使用したウォーターサーバーです。 サントリー天然水ウォー…

    続きを読む