1. 富士の湧水の特徴

富士の湧水の特徴

富士の湧水
水の種類天然水
ボトルタイプD-パック方式(使い捨て)
注文単位(最少注文数)1本
サーバーレンタル料762円
ボトル1本の値段1,524.0円
ボトルの内容量(ℓ)12ℓ
水の価格(500㎖あたり)63.5円
対応地域全国(沖縄・一部地域を除く)

富士の湧水の特徴

富士の湧水は、10万台の設置実績を誇るウォーターサーバーです。

100%天然水が使用されており、使い切り容器で利用することができます。
また、富士の湧水には、水の注文ノルマの心配もなく随時購入コースと、定期購入コースから自分に合ったコースを選べ、飲みきれないと判断した場合には次回の配送をスキップをすることができますので、利用する側にとても便利です。
また、富士の湧水のウォーターサーバーにはクリーニング機能(高温循環機能)が搭載されていますので、1週間に1度サーバー内を清掃することができますので、常にサーバーが綺麗な状態でお水を利用することができます。
また、ウォーターサーバーについては、海外で製造をしている会社が多いにもかかわらず、富士の湧水のウォーターサーバーは日本製なので非常に安心です。

このように富士の湧水は、他社と比較をしても非常に魅力のある宅配水だと言えます。

富士の湧水のサーバー

富士の湧水は初期費用・宅配料が無料。サーバーレンタル料は月額1,543円(税抜)掛かります。

ウォーターサーバーについては、「国産」のウォーターサーバーを使用し日本国内の方々に安心をして水を飲んでもらえるように考えて作られています。
日本人の生活習慣を考えて作られており、冷水、温水共に2段階の温度調整ができるので、使用用途によって使い分けることができ非常に便利です。

冷水については約6~12℃の冷水モード、約12~16℃の弱冷モードの2段階から選べるので、冷え性の方で常温に近いお水を飲みたいと考えている方にも使いやすくなっていなす。
また、温水は約80度~88度、高温モードの場合は、約90度~93度で利用をすることが可能ですので、赤ちゃんのミルク作りなども冷やす手間もなくこのサーバーだけで適温のミルクを作ることができます。
また、エコモードでの使用が可能で、毎月700円の電気代のみで使用できるのは魅力的です。

富士の湧水のD‐パックについて

富士の湧水では約20年間の実績があり、宅配水の先駆け的な存在としてお水の配送をおこなってきました。

富士の湧水でも従来はリターナブルボトルを使い、お客様からの空のボトルを回収、洗浄をして再利用していました。
しかし、回収されるボトルの中には、お水を飲む目的以外に使用されたペットボトルもあるなど、洗浄をしても使えないものも多く、廃棄処分をよくしていたそうです。
また、リターナブルボトルは、回収をするので環境に優しいと言われていますが、実際には逆に廃棄率が高く、ゴミを増やしてしまいます。
また洗浄するために12Lボトルを洗浄するのに、40Lもの余分な水を使うため、実際には環境に良いかというと、思っているほどではないようです。

そのため富士の湧水では新容器「D−パック」の開発を始め容器使い切りにしました。
また、容器の中に空気は入りづらいということもあり、お水が酸化せず最後まで新鮮な状態でお水を飲むことができるようになりました。容器はダンボールとポリエチレンで作られていますのでダンボールは資源ごみへ、ポリエチレンは焼却場の燃料に活用することができますので有効活用でき、従来の無駄をなくしお客様に安全なお水を届けることができています。

富士の湧水の特集記事

  1. 富士の湧水のお水について

    富士の湧水のお水の魅力 富士の湧水のお水は、山梨県富士吉田市の富士山北麓の豊かな森林のある、富士山箱根伊豆国立公園内に採水地を保有しています。標高3,776m富…

    続きを読む