1. 富士の湧水のお水について

富士の湧水のお水について

富士の湧水
水の種類天然水
ボトルタイプD-パック方式(使い捨て)
注文単位(最少注文数)1本
サーバーレンタル料762円
ボトル1本の値段1,524.0円
ボトルの内容量(ℓ)12ℓ
水の価格(500㎖あたり)63.5円
対応地域全国(沖縄・一部地域を除く)

富士の湧水のお水の魅力

富士の湧水のお水は、山梨県富士吉田市の富士山北麓の豊かな森林のある、富士山箱根伊豆国立公園内に採水地を保有しています。標高3,776m富士山の雪解け水や、雨水がゆっくりと麓へ流れ出し玄武岩層を通ることで、体にも良と言われているバナジウムが水に多く含まれています。

採水地は標高約950mの場所にあり、そこから地下200m以上の深い地下水からお水を汲み上げています。この天然水を徹底的に殺菌し、高性能の濾過技術を用いていますが、大切な天然のミネラル成分や、旨味は残しD-パック容器に補充されています。お水は8Lと12Lから選べ、8L入りのウォーターパックは1,334円(税抜)。12L入りのウォーターパックは1,524円(税抜)になります。

天然水とRO水の違い

現在、宅配されているお水は天然水(ナチュラルミネラルウォーター)とRO水(ボトルドウォーター)の2種類があります。

天然水は自然の中の湧き水や地下水を利用し、天然のミネラルがバランスよく含まれ、硬度も軟水なので日本人には飲みやすく、口当たりがとても軟らかい水です。高原にハイキングに行った時に飲む冷たい湧き水を想像するとわかりやすいでしょう。天然水は自然の雪や雨がゆっくりと時間をかけて様々な地層を通り、自然の濾過によってミネラル分を含んでいます。ゆっくりと地下水に流れ込んでいますので、とても長い時間がかかり自然の恩恵を受けて作られます。

それに比べRO水は主に水道水を利用し、RO膜(逆浸透膜)というフィルターによって濾過されたお水なので、ミネラル成分は含まれておらず、後から人口のミネラル成分を添加することで、口当たりの軟らかさを調整しています。天然水と比較をすると飲んだ時に非常に淡白で旨味はあまりかんじられないでしょう。

富士の湧水の衛生管理について

天然のミネラルが豊富に含まれる天然水をお客様に安心して飲んでもらうために徹底的に衛生管理をおこなっています。「富士の湧水」は全て自社工場で水質管理はもちろんですが、徹底した品質管理をおこなっています。

富士の湧水の好悪樹では毎日40分間85度以上の熱水を配管やタンクに通水循環をさせ殺菌をおこなっています。
また、定期的に配管やタンク内の清掃も丁寧におこなうなど衛生管理を徹底しておこなっています。

水を入れるためのD-パック容器は食品容器専用工場のクリーンな環境で製造されて、紫外線殺菌を経て組み立てられます。

「富士の湧水」工場では国際的に通用するコーデックス委員会のHACCP規格、「食品安全マネジメントシステム規格ISO22000」の認証を取得し、万全の品質管理体制で製造がおこなわれているので、非常に安心です。

赤ちゃんにも安心の天然水

富士の湧水のお水は赤ちゃんでも飲むことのできる非常に体に負担の少ないお水です。最高品質の富士山の天然水を100%使用し、安心で高機能の自動クリーニングでいつも清潔な状態を保てるウォーターサーバーを提供しています。

富士の湧水のお水は世界のモンドセレクションで2015年に金賞を受賞するなど海外でも認めらたおいしいお水です。富士山の麓で取れる天然水を使用していますので、天然のミネラルを豊富に含み、体にも良いと言われているバナジウムを含んでいます。工場の衛生管理についても国際規格に相当するレベルと、品質管理が徹底しておこなわれていますので、安心して赤ちゃんにも飲ませることができます。

富士の湧水の特集記事

  1. 富士の湧水の特徴

    富士の湧水の特徴 富士の湧水は、10万台の設置実績を誇るウォーターサーバーです。 100%天然水が使用されており、使い切り容器で利用することができます。 また、…

    続きを読む