1. アルピナウォーターの特徴

アルピナウォーターの特徴

アルピナウォーター
水の種類RO水
ボトルタイプガロンボトル(回収)
注文単位(最少注文数)3本
サーバーレンタル料572円
ボトル1本の値段948.0円
ボトルの内容量(ℓ)12ℓ
水の価格(500㎖あたり)39.5円
対応地域東京(離島除く)、神奈川、埼玉、茨城の一部、千葉県北部

アルピナウォーターの特徴

アルピナウォーターはリーズナブルな価格と高品質なお水を提供していることで高い評価を集めているウォーターサーバーです。

アルピナウォーターは初期費用・配送料・メンテナンス料が無料。メンテナンスは2年に1度の定期メンテナンスでサーバーをまるごと交換してくれます。月々に掛かる料金は、サーバーレンタル料とボトル代になります。

サーバーレンタル料は初月無料で、翌月からは月額572円(税抜)掛かります。毎月サーバーレンタル料は掛かりますが、ボトル購入のノルマがないため、注文しない月はサーバーレンタル料の572円(税抜)のみで利用できます。一人暮らし等で水の消費が少ない方でも安心ですね。
しかし、3ヶ月以上注文が無い場合はサーバーを引き上げがありますので注意しましょう。
また、アルピナウォーターは解約料が掛かります。サーバー設置後、1年以内に解約する場合は4,762円(税抜)の解約手数料が発生しますので注意しましょう。

ボトルの保管スペースの確保

アルピナウォーターのウォーターボトルはガロンボトルのリターナブル方式です。ガロンボトルは再利用されますので、飲み終わった後のボトルは取っておき、次の配達の際に返却するシステムになっています。

ウォーターサーバーを導入する際、サーバー本体の設置場所を確保することはもちろんですが、ウォーターボトルの保管スペースのことも考えておかなければなりません。
アルピナウォーターの場合、ボトル2本を縦に積み重ねることができるパレットを無料で貸し出していますので、1本分のスペースで2本置くことができ便利です。ただ12Lボトルを注文する場合は最低注文本数が3本~なのでボトル2本分以上のスペースが必要となってきます。次回の配達日まで空のボトルも保管しなければなりませんので、そのことも考えて導入した方がいいでしょう。

アルピナウォーターのサーバー

アルピナウォーターのウォーターサーバーはシンプルなデザインで、床置と卓上タイプから選べます。床置・卓上タイプ共に、横幅30cm×奥行き31cmでA4サイズの紙2枚分のスペースで設置することができます。

冷水は約5℃、温水は約85℃の温度設定になっていますので、すぐにお茶やコーヒー、赤ちゃんのミルクが作れるので便利です。温水コックにはチャイルドロックが標準装備されていますので、軽く触れただけではお湯が出ない仕組みになっています。ご希望の方には冷水コックにもチャイルドロックの取り付けが可能で、小さなお子様のいたずら防止にもなりますので安心して利用できます。

ウォーターサーバーは屋外や温度・湿度の高い場所に設置すると故障の原因となりますので、通気性のある直射日光の当たらない室内に設置しましょう。
そしてアルピナウォーターのサーバーは衛生的で安心。菌のエサとなりやすいミネラル成分を含まないピュアウォーターのため、ウォーターサーバー内のタンクやチューブに不純物がたまりにくくなっていて常に清潔な状態を保っています。

アルピナウォーターの特集記事

  1. アルピナウォーターのお水について

    アルピナウォーターのサーバー アルピナウォーターは北アルプスの天然水を原水に、そのまま飲んでもおいしいお水をさらに逆浸透膜フィルターに通してろ過し、分子レベルま…

    続きを読む