1. ウォーターサーバーの契約前にしっておくこと

ウォーターサーバーの契約前にしっておくこと

[記事公開日][最終更新日]

解約金について

契約する前にしっておくこと

ウォーターサーバーの解約を考える時になって初めて解約金や解約時期について調べ始め、解約内容について知る場合があります。解約金が高かったり、解約期間が定められていたりと、解約時に後悔をしないために、解約の条件ついても契約前に確認をすることが大切です。

解約時の条件については各メーカーで異なるため、コストや水の質と共に解約時の条件についての比較をし、ご自身の利用に合わせた内容選びが必要です。解約時にはほとんどのウォーターサーバーで解約金が発生します。解約金は設定されていなくても、ウォーターサーバーの「引き取り手数料」や「送料」という名目で解約時に費用がかかる場合があります。

多くのウォーターサーバー会社の中で、唯一解約時の費用がかからないのが「クリクラ」です。業界でもトップシェアを占めるクリクラは、解約時の費用負担がなく、誰でも気軽に始められるという点でも人気を誇っています。

解約時期について

ウォーターサーバーの解約時期は各社によって設定が異なります。多くの場合には契約期間が設けられており、1年や2年縛りで、契約期間が設けられています。

契約期間中に解約をしたい場合に解約金が高額になってしまったり、決められた期間でないと解約できないという場合があります。契約期間と共に、購入した水の本数によって解約金の有無が決まるウォーターサーバー会社もありますのでしっかりと確認をすることが必要です。

解約の時期についてしっかりと知っておくことで、契約をしたウォーターサーバーが、希望していたものと違う場合や、引越しや出張で不要になってしまった場合に、不必要なお金を払わずに済みます。

メンテナンスについて

ウォーターサーバーのメンテナンスについても各社様々で、1、2年間に1度、無料のメンテナンスを提供している会社が多くあります。しかし、中にはメンテナンス時に毎回料金がかる場合がありますので、メンテナンス前に確認が必要です。

近年ではウォーターサーバー自体に、クリーン機能を搭載したサーバーも登場しており、メンテナンスが不要な場合もあります。

他には、完全にセルフメンテナンスというメーカーもあり、自分でサーバーの汚れている箇所を掃除し、清潔に保つ必要があります。メンテナンスは、全て自分でおこなうものから、業者にお願いするものまで様々です。

なるべくコストをかけずに、毎日飲む水を清潔に保てるよう、どのメンテナンススタイルが自分に合うのかを考えて選びましょう。

水の注文本数

水のボトルの注文本数は、それぞれのメーカーで設定が異なりますので、契約前に確認が必要です。多くのウォーターサーバーメーカーは「最低注文本数」を決めており、一定の期間内にその本数を注文することが決められています。

多くの場合、最低2本を期間内に購入するのが一般的で、水の消費量の少ない利用者にとって、次の配送までにどう使い切るか消費に困ってしまう場合があります。

そんな中、「クリクラミオ」は注文本数が1本からでき、配送期間についても1週間単位で、6週間まで選ぶことができますので、初めは少しずつ始められたい方や、一人暮らしの方には丁度良いでしょう。