1. 全ての生き物に優しいウォーターサーバー

全ての生き物に優しいウォーターサーバー

[記事公開日][最終更新日]

動物の健康について考えたことがありますか?自宅で犬や猫を飼っている方なら、人とは違う動物の健康状態について調べたり、気にすることがあるかもしれません。動物病院では動物のプロ達が、動物のためを考えた環境作りをしています。ペットを飼っている方は動物病院の環境を真似して家でも活用してみると良いかもしれませんね。

ウォーターサーバーの設置

ウォーターサーバーの設置がされている動物病院に行ったことがありますか?人用ではなく、動物用です。最近は、動物病院の先生が動物用にウォーターサーバーを設置することを勧めている場合が多くあります。そのため犬や猫のためにウォーターサーバーが置かれている病院も少なくないのです。 獣医がウォーターサーバーを勧める理由やその効果をしって、ペット用にウォーターサーバーを利用することを検討しましょう。 実際に猫や犬を飼っている方で既にウォーターサーバーを利用している方も非常に多くいます。 また、当然のことながら人間も同じお水を飲むことが出来ますので人にもペットにも良いことづくしなのがウォーターサーバーなのです。

水の重要性

水が生き物にどれほどの影響を与えるか知っていますか?人で言えば、身体の約60%が水でできているといいますね。 例えば人は汗をかくことでその水分量が減ってしまいます。動物には汗をかく動物と汗をかかない動物とがいます。ペットとしてよくかわれる猫ですが、猫は汗をかきません。しかし汗をかく部分もあります。それが肉球部分です。しかしあまり目立つ部分でないうえに、人間のようにボタボタ汗をかくことはありません。 そのかわり猫は呼吸で身体の温度を調節します。 口をあけてハーハー言っているときには猫が身体の温度調節を図っているときでしょう。 猫以外にも汗をかかない動物はいます。 では、汗をかかないのだから水分補給はいらないのでしょうか。 そんなことはありません。 動物達にとって水分補給はとても大切なのです。また、水は与えるのが人間ですから、その量やタイミングを調節してあげないと健康状態に悪影響を及ぼす可能性がでてきます。

適しているお水

ペットに与えるお水はどのようなものがよいのでしょうか。 まず守りたいのが、軟水を与える、ということです。逆にいえば、硬水を与えてはいけません。理由として、硬水にミネラル成分が過剰に含まれていることがあげられます。ミネラル成分は通常身体によいものなのですが、異常に摂りすぎることは身体に悪影響になってしまうのです。 具体的には尿結石や膀胱結石のリスクがあると言われています。 これらのことから軟水を選んで与えるようにしましょう。 それから温度も大切です。 高温すぎたり冷たすぎるお水は猫や犬がびっくりしてしまいます。猫は気まぐれなので一度お水にトラウマが出来ると飲んでくれなくなるかもしれません。 それからやけどの心配もあります。 動物に与えるお水は温度をよく確かめてあげましょう。目安としては常温で十分ですが、暑いときには少し冷たいもの、寒いときにはやや温かいものを与えるのが良いでしょう。 感覚の問題ですが、難しければ常温で与えるのがベストだといえます。

大事なポイント

動物に与えるお水で大切にしたいことに「清潔」というポイントがあります。もちろん人間にとってもそれは大事なのですが、身体が小さく繊細な犬や猫はもっと気を使ってあげる必要があります。清潔なお水を常に与えるとなると、水道水よりもウォーターサーバーのお水が適しているといえます。 いつでも決まった温度のお水が安心して使えます。 また温かいものを飲ませたければお湯のほうに切り替えて温かいお水を飲ませてあげることも出来ます。 あつすぎる場合には氷をいれたりしばらく置いて冷やすなどの工夫をしましょう。 例えば水道水をあげる場合、なんだか不安ですよね。一度容器にいれたお水を1時間程放置していただけで雑菌が増えているような気がします。 しかしウォーターサーバーならば必要な分だけ出して、容器さえ清潔に保っていればかなり良い質の水を与えることができます。 でも、ウォーターサーバーの中は綺麗に保つのが難しいんではないか、と思う方がいるでしょう。 しかしウォーターサーバーの手入れは案外難しくありません。 ボトルの交換は非常に手軽で重さ等もきになりません。コンパクトなものが多いのでお掃除も楽々できます。女性が一人で清掃、移動できるくらい手軽なのです。

どんなものを選んだらよいか

ペットのためにウォーターサーバーを契約するとなると、どんなものを選んだら良いのでしょうか。 私がおすすめしたいのは、コンパクトサイズなものです。猫や犬は部屋の中を動き回りますね。 大きなウォーターサーバーがあっては邪魔に思うかも知れません。もともと野生の動物達です。動き回れないことがストレスに感じるのはよくありません。 小さめのウォーターサーバーなら部屋に置いても邪魔に思いませんし、もしも部屋のレイアウトをする際にも簡単に移動させられます。 それから猫や犬が万が一、飛び跳ねたりしてウォーターサーバーにぶつかってしまったときでも怪我にもなりません。 お水では、軟水のものを選びましょう。 前半でも触れたとおり、動物には硬水を与えるのはNGなのです。 また、ペットだけでなく人も使用する場合は自分が飲みたいお水を考慮するというのも大切です。 ペットには健康でいてもらうために色々な配慮が必要です。そのなかの1つがお水の管理ですが、それと合わせて食事の管理も大切です。食事は水と同じく身体を作っているものですから口にいれたものがそのまま健康に影響を与えます。よく考えて管理してあげましょう。