1. ウォータサーバーデコレート計画

ウォータサーバーデコレート計画

[記事公開日][最終更新日]

目次

    我が家にウォーターサーバーを導入しようとした矢先、妻に反対されました。なんでも外見がかわいくないとのこと。そんな妻を説得させるためのデコレート計画の一部始終を纏めてみました。ウォーターサーバーの外見に不満を持っている方は是非お試しください。

    ウォーターサーバーの外見がイヤ?

    「ウォーターサーバーとかいいよね。」妻のひとことがきっかけでウォーターサーバーを導入することになったのがすべての発端。うちはマンション暮らしの夫婦です。今まで水はペットボトルを宅配で買っていました。ウォーターサーバーの方がお湯も作ってくれるからいいんじゃないの?そういわれたので、導入を検討し始めました。 こういう時予算とか細かいこと調べるのは私の仕事。昔から説明書とか読むのが好きでした。妻は悪く言えばおおざっぱな方です。いろいろな条件を考えて決めました。たとえばボトルの容量。重いと妻が苦労しそうなので、一本8Lのボトルに。また、空になったボトルが邪魔にならないように潰せて資源ごみの日に捨てられるタイプに。 後は予算からある一社を決め手推薦してみました。そしたらこの一声。「ちょっと殺風景じゃない?」え?

    シンプルなウォーターサーバーはお嫌い?

    要約すると「シンプルすぎてちょっとなー。」てことでした。まあ、わからんでもない。ウォーターサーバーなんて基本はどんな部屋のデザインにもしっくりくるようにあまり意匠は質素なものが多い。妻もその辺はわかっていた。「でもね、ちょっと何か工夫できないかなと思って。」うーむ。そんなこと言われてもなぁ。 そう悩みつついろいろあさってみるとウォーターサーバーのデコレートと言うものが話題になっていた。ほうほう。調べてみれば2種類あるようだ。手軽なデコレートと大幅なもの。

    シールで気軽なデコレート

    気軽なものはシールで行える。最近では、洗濯機など無味無臭な白物家電をデコレートしてかわいらしいデザインへと変更するシールが発売されている。テレビも黒いフレームに額縁のようなシールも用意されている。 これはウォーターサーバーに応用できそうだ。ウォーターサーバーの側面にちょっと張れば、それだけで印象は変わりそうだ。 シールと言えば床に張るような木目シールも役に立ちそうだ。ウォーターサーバーの周りを木目シールで囲えば、フローリングに無理なく溶け込む。ありだ。

    ウォーターサーバー専用ケース

    もう一つがちょっと大がかりだが、ウォーターサーバーのケースを作ってしまう方針。縦長の箱にコック用の穴をあけ、そこにウォーターサーバーを入れる。そんなケースだ。 これだけ聞くとあまりよい外見には思えないが、世の中にはなかなか凝り性な人が多い。たとえば昔の大きい古時計のようなケースを作り人もいた。木製で出来た出し入れをする用の扉。木目も見せるような塗装でかつ、古いような印象も受けるようにする塗装でなかなか味のあるインテリアになっていた。

    さっそくデコ計画

    このことを妻と相談するとなかなか乗り気に。じゃあ、当初予定していたウォーターサーバーを導入して試してみることに。 後日届いたウォーターサーバーの寸法を取ったらさっそく開始。使用したのは明るいレンガ風模様のリメイクシート。 一応レンタルのサーバーなので、はがせることを考えたらこれでした。このリメイクシートをボタンやコックなどを避けて張り付けていくと、そこそこ落ち着いた雰囲気に。 100円で売っていた麻袋風収納グッツを上からかぶせれば、殺風景だったボトル部分もちょっと可愛げのある雰囲気に。 素材は全部100円ショップで売っていました妻も満足してくれました。

    まとめ

    一見地味なウォーターサーバーも100円ショップにあるもので改良できました。ウォーターサーバーを選ぶ際には、あまり外見は気にしなくてもよりのかもしれませんね。注意が必要なのは、たいていの契約がレンタルであること。返すときに初期状態へ戻せなくては問題になります。そこさえ注意すれば自分好みのデコレートが楽しめそうです。