1. ウォーターサーバーとペットボトルを比較 お得な水の買い方

ウォーターサーバーとペットボトルを比較 お得な水の買い方

[記事公開日][最終更新日]

昔は水が飲みたいと思うときに、水道水を飲むことが多かったかもしれません。しかし、現代では、水道水をそのまま飲むよりは、購入するのが一般的となっています。そのときに比較対象となるのは、ウォーターサーバーとペットボトルの水。価格や利便性でメリットが大きいのはどちらなのでしょうか。今回はウォーターサーバーとペットボトルを比較し、お得な水の買い方を紹介します。

■コスト面ではどちらがお得?

shutterstock_465333014 ウォーターサーバーを導入する際、一番の懸念は「毎月いくらかかるの?」ということではないでしょうか。実際に1か月分の飲料水を得るために、ウォーターサーバーで毎月2本のボトルを頼んだ場合はおおよそ2,000円(1本あたり約1,000円)。それにサーバーのレンタル料金などを加えるとおよそ3,500円が平均値のようです。 一方、1リットルのペットボトル水が1本150円とした場合、4人家族なら1日1本は使ってしまうかもしれません。すると150円×30日=4,500円と、1,000円の差が出ます。1年間では12,000円という、なかなか大きな金額になるでしょう。 もちろん家族構成や、水を使う頻度、一人暮らしかどうかでこの金額は変動するので、ペットボトルの方がお得という方もいるかもしれません。

■コスト以上に○○にメリットがある!

shutterstock_92850895 しかし金額以上にウォーターサーバーを導入するメリットがあります。 それはまず「手間」。今あなたが電気ポットやコンロでお湯を沸かしていたとしたら、その手間が一切無くなります。さらには「光熱費」。ウォーターサーバーの温水機能を利用した方が電気代が圧倒的に安くなる可能性が高いです。 またウォーターサーバーは「健康」にも良い点があります。実際にウォーターサーバーを利用し始めると水をこまめに飲むようになります。この「水をこまめに飲む習慣」というのは、血液をサラサラにし、身体の老廃物を排出されやすくするという効果もあるとされています。身体の60%~70%は水分でできているため、水をこまめに摂取することは、代謝が良くなるだけではなく、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも繋がります。 またお米本来の甘味を感じるようになりご飯がおいしくなったり、目覚めがよくなったりと、メリットばかりなのです。

■便利さでは圧倒的に上回るウォーターサーバー

忙しい人や面倒なことが苦手な人にとって、定期配送やワンプッシュで冷水や温水が利用できるため、ウォーターサーバーは強い味方です。 いちいち自動販売機やお店で購入する必要のあるペットボトルでは得られないメリットです。育児をしているママさんがお水を沸かす手間を省くことができたり、ホットのコーヒーや紅茶といった飲み物を容易に作ることができたりすることは、金額以上の価値があります。

■まとめ

私たちが生きていくために「水」は欠くことのできない存在です。その摂取量が不十分であることは健康への障害を引き起こす可能性が高まります。また、時間も有限ですので、何かと忙しい現代では手間のかかる家事をやる必要はないといっても大げさではありません。健康面に加え、便利であるということは大きなメリットでしょう。そういった面においてもウォーターサーバーは私たちの生活を豊かにしてくれます。