1. ウォーターサーバー人口の増加

ウォーターサーバー人口の増加

[記事公開日][最終更新日]

目次

    日本でのウォーターサーバーの販売量は年々増加していて、2019年に1億4千万円を突破すると予想されています。それで結構多いと思う人がきっと多いと思いますが実際ヨーロッパ、アメリカなどのところに比べて、まだぜんぜん足元にも及ばないです。ヨーロッパとアメリカは日本より遥かにウォーターサーバーの販売量が高い、日本の販売量のの約6倍以上になります。 日本も現在の市場拡大の勢いを続けば10年後その数字を超えることが出来ます。その時になったらもう、全国民の家庭の中にウォーターサーバーが置いてる状況になるでしょう。まだ今まで検討したこともない、もしくは考えているけどなかなか決断出来ないあなたのために、本文でウォーターサーバーのメリットとデメリットを説明いたします。

    何がいい?

    ウォーターサーバーは一体どこがいいのか?と疑問感じる人が多いと思いますが、実はウォーターサーバーは沢山のメリットが持っています。ここで1個1個紹介していきましょう。まず、一番最初はウォーターサーバーの水の良さを話しましょう。 ウォーターサーバーの水が非情に品質高いと言われています。そもそも、それはウォーターサーバー最大のウリでもあります。人々は体にいい、且つ美味しい水を求めるためにウォーターサーバーを契約します。勿論便利という点に関しては確かですが、まず水が良くなければ、人が契約しません。そもそも、水を拘らなければ、水道水が最も便利に飲て、且つ安いです。なので、まず水があってから便利、安さだと思います。さて、ウォーターサーバーの水のどこがいいのでしょうか? ウォーターサーバーの水はほとんど天然水になります。天然水はただ単に自然に存在する水ではなく、厳しく管理されている綺麗な場所の水のことを指します。有名なところで言えば、富士山天然水は皆様きっと聞き覚えはあると思います。天然水はミネラルが沢山含まれていて、且つ軟水のため非常に飲みやすいです。カルシウム・鉄・リン・亜鉛・クロム・ヨウ素など、全部で13種類のミネラルが含まれていて(メーカーと採水所によります)、骨格を強くする、心臓などの臓器を保護する、体の細胞を再生する効果があると言われています。勿論薬ではないので、そこまで早く効果が出ませんが、飲み続ければ必ず体にプラスの影響を与えることが出来ます。人間の体の6割以上は水で出来ています。質の高い水分補給は人生において、重要な意味を持ます。

    さすが便利!

    水がいいのか分かるとして、その他になにがいいのでしょうか?全文に触れましたが、ウォーターサーバーは便利です。筆者学生時代からウォーターサーバーの世話になっていて、正直に今になってウォーターサーバーのない生活が想像できません。昔部活をやってたので、汗ビショビショで家を帰るといつもきんきんに冷やした水があります。 学生時代、そこまでお小遣いがなかったので、元々少ないお小遣いを使って、ペットボトルを買うのがいつも勿体無いなと思います。なので、家につくまで我慢します。そのウォーターサーバーの中から出てくる美味しい水を飲む時に幸せ派未だに忘れません。そして、土日に家に1日ゴロゴロするのが好きで、気をつけばもう午後5時とかになってご飯何食べようかなって考える時にやっぱりついついカップラーメンに手を伸ばしてしまいます。その時にウォーターサーバーに助かりました。お湯がすぐ出てくるので、待つ時間がいらないです。その便利さに魅了され、お母さんにもうカップ麺食べちゃだめって何回も言われたことがあります。 その他、こともの時の間なかったけど、大人になってからどっぷりコーヒーにハマってしまって、今毎日必ずいっぱい淹れたてのコーヒーを飲むようにしています。ウォーターサーバーがあったからこそできるることだと思っていて、本当に感謝しています。

    最後は値段

    ウォーターサーバーは決して高くありません。毎次の出費は大体5000ぐらいで済みます。その代わりに、外で水を買う機会が圧倒的に減りました。出費というよりはむしろ節約できたという感じです。その理由かわからないですが、周りの友たちの中では最近ウォーターサーバー水筒派がかなり増えていて、皆お金が節約できた上に、なんか毎日特に朝起きた時に昔とくらべて体が軽いって喜んでます。 毎日ペットボトルを依存しているあなた、一方踏み出して、ウォーターサーバーを試してみませんか?