1. ウォーターサーバーを複数台持つ!?

ウォーターサーバーを複数台持つ!?

[記事公開日][最終更新日]

目次

    2世帯住宅やお住いの広さ等により、複数台のウォーターサーバーを設置したい方もいらっしゃると思います。むやみに、ウォーターサーバーを契約するというよりは各社の特徴も踏まえてご自身のライフスタイルを正しく理解し、契約をご検討することをおすすめします。

    各社複数台のウォーターサーバー契約は可能か?

    結論からいうと可能です。ただし、複数台を契約すると値引きされるような契約はほぼ内容です。基本的な考え方としては、ウォーターサーバー1台ごとに、個別契約を行うという流れになります。毎月の請求書の名目はそれぞれのレンタル料金が請求される形になっています。 ご契約されている方を調べると、下記のような特徴に分かれるようです。 ・会社(法人) オフィスで階が分かれている形ですと、それぞれ契約。 ・ご家庭 大きめのご自宅や、2世帯以上で生活をされている方は、それぞれ契約。

    各ウォーターサーバーのサービス内容

    主要ウォーターサーバー各社の見解をまとめてみました。複数台検討における各社の見解は下記の通りです。 (複数台購入可能) ・clytia http://faq.clytia.jp/faq/show/21?category_id=4 ・クリクラ https://www.creclamio.jp/faq.html ・フレシャス http://www.frecious.jp/faq/price/a7.php

    ご自身のライフスタイルを正しく理解する。

    購入においての失敗例で多くあるのは、目的が明確で無い場合が圧倒的に多いです。ライフスタイルの変化などに応じて、検討を行うことで無駄なく快適なウォーターサーバー生活ができるようです。 下記にその1例を記載致します。 ■その1 家族が増えた。 両親と一緒に住む事になった、子供が生まれるなど家族が増えた。 反対に家族が減った等の状況が発生した場合 ■その2 家を引っ越した、家を改築した。 お住いの増築や新居への引っ越しの際に、居住空間が広くなった。 1階2階の構造に空間が変化しただけでも、今までの生活方式は一変する事が 多くあります。 ■その3 蓄えへの投資 大きな災害などの備えて、水の確保の検討を行う場合。 日本は地震大国です。自然災害への備えとして「未然に防ぐ」対応をご検討する ご家庭も以外に多い状況となっているようです。 このように、言葉に落とせる項目に対して複数台のウォーターサーバーを有効に活用できる事例が多いように感じます。反対に、明確な理由まで落とし込めないものに関しては、現時点では現状のご契約で問題ないように考える事も大事です。 明確な理由が生じた場合には、あとはご予算のご検討です。各社の金額一覧を参考にご検討されては如何でしょうか? (参考)ウォーターサーバー金額別ランキング https://clairtoyota.com/use_ranking/price/

    本当に複数台必要かどうか。

    水は、人々が生きる上で必要不可欠なものと言えます。出来ることなら、有事の際に最善の準備を行う事に越した事は無いでしょう。一方で、必要の無い購入検討はできるだけ避けるようにした方が良いかもしれません。 水も資源です。賞味期限もあるように、必要量を超える意味の無い保管は資源の無駄活用につながります。皆が幸せな資源活用を行う事が必要なのでは無いでしょうか?