1. 子どもがいる家庭でも安心のウォーターサーバー

子どもがいる家庭でも安心のウォーターサーバー

[記事公開日][最終更新日]

ウォーターサーバーを利用するとき、大変なのは子どもがいるご家庭でしょう。好奇心旺盛な小さいお年頃は、何をするか予想がつかず安心できません。例えば、ウォーターサーバーの温水を出しやけどしてしまう、ウォーターサーバーを転倒しケガをするなど考えられると思います。こうしたデメリットを感じ、購入を断念する人も多いはずです。しかし子どもがいるからといって、あきらめるべきではありません。ウォーターサーバーはお子様がいるご家庭でも安心できる機能があるため、使うのに全く問題はないです。ここではウォーターサーバーのメリット、安全機能を紹介していきましょう。

子どもがいる家庭でウォーターサーバーを利用するメリット

子どもがいる家庭のため、ウォーターサーバーを断念してしまう方もいると思います。ここでは利用するお子様の家庭で聞かれた、利用してよかったことを挙げていきます。

子どもの自立に繋がる

「一人息子のため、つい甘やかしてしまいます。喉が渇くと、すぐ飲み物を出してしまうのです。そのため子どもの自立に繋がることが全くできません。息子が口を開くたび先回りし、用意することに喜びを感じていました。極めつけとしてまだ小さく、冷蔵庫から飲み物を出すことができないのです。お茶のペットボトルに障ることはできですが、上に引っ張り出すことができません。そのため、いつも私が飲み物を用意していました。 それがウォーターサーバーを導入してからは、子どもが自分でコップに注ぐようになったのです。ボタンを押すとお水が出てくるのが楽しいようで、今ではウォーターサーバーの近くに、コップを常備するようになりました」

水を飲む習慣がつき便秘解消に繋がった

「朝起きたときって、喉が渇いてしまいますよね?以前、娘は水を飲まず、テレビに夢中になることが多かったです。ウォーターサーバーが我が家にやってきてから、水を出す喜びを感じるようになりました。さらに水は冷たくおいしいしいので、好きになり進んで飲んでいます。 毎日朝一杯の水を飲むようになり、腸を刺激し便秘解消に繋がりました。ウォーターサーバーの天然水は、カルシウムやマグネシウムが入っており、カルキなどの成分は一切入ってないため、安心して飲めました」

安全防止機能

家にウォーターサーバーを設置すると、好きなときにお水を出せるのはいいですが、いたずらをするお子さんがいれば、オモチャのように遊んでしまう可能性が考えられます。特に1歳を迎えれば、レバーをひっかけたくさんお水を出し、床がビショビショ…という経験をした人も多いかもしれません。そういったいたずらを防ぐ、安全機能を紹介していきましょう。 今どきのウォーターサーバーは、チャイルドロック機能があるのがほとんどです。これは経済産業省が過去に多発した事故を踏まえ、事故防止策を提言しているからです。詳しいことはホームページを見ればわかりますが、以下のことが書かれています。ロック解除に使う力を、基準値より上回ること、注水、ロック解除ボタンの位置を、可能な限り高くする、注水までの操作手順は2回以上するなどです。では、実際のチャイルドロックはどんなものが見ていきましょう。

コスモウォーターの場合

コスモウォーターのチャイルドロックはボタン式です。奥にあるツマミで、ロックのオンオフが選べ、ロックがかかっているときは、ボタンを押しつつレバーを押すことで注水がされます。確実に両手を使わないと水が出ない仕組みのため、いたずら防止策効果は高いです。

プレミアウォーターの場合

プレミアウォーターのチャイルドロック方式は、同じボタン式ですが、このメーカーの場合はさらに、チャイルドロックカバーがついています。チャイルドロックに加え2重の防止策となり、さらなる安全性が大変期待できます。例として二つのメーカーを紹介しましたが、同性能のチャイルドロック機能があるため、安心してください。お子様のやんちゃさは、ご自分が一番肌で感じているはずです。自身が安心と思える機能が搭載する、ウォーターサーバーを選びましょう。

いたずら防止策

チャイルドロックがあっても不安を感じる人は。子どもを近づけさせないことも考えましょう。主な対策は二つ、まず子どもの行動範囲をサークルで仕切ってしまう方法です。ウォーターサーバーの周囲に設置するだけで、近づくことが不可能なため危険性は大幅に下がります。スペースが取れる人は、検討してみてはどうでしょうか。 ウォーターサーバーには皆さんお存知の床置きタイプ以外に、卓上タイプを扱うメーカーもあります。もしサークル設置が難しいのなら、卓上に置けるウォーターサーバーを選ぶのも一つの手です。子どもが立っていても、手が届かなければ子どもの動きを気にする必要はありません。コンパクトでも電気代は床置きタイプと電気代は変わりませんが、お子さんのいたずらを防ぐためにも、こういった選択肢もあっていいでしょう。

子どもがいる家庭でも安心して使える

いたずら防止は、各社のウォーターサーバーメーカーも工夫を凝らし、様々な機能を開発しています。自分の家庭にはどんなタイプが合うか、メーカーサイトを事前に見ておきましょう。また子ども用の柵を使うことで、物理的に触れさせないことも同時に考えてください。さらに意識してほしいのは、チャイルドロックを解除するところはできるだけ見せないことです。小さい子は意外と見ているため、見よう見まねで解除方法を覚えてしまいます。万が一のことが起きてからは遅いので、いたずら対策は万全にしておきたいですね。