1. 人間の生命と水の関係性

人間の生命と水の関係性

[記事公開日][最終更新日]

目次

    赤ちゃんから大人まで安心して飲める水をウォーターサーバー

    人間は、水の中で誕生した生命を受け継いでいる生物のひとつといわれているので、体内から水がなくなってしまえば、それは死を意味することになります。水中生活から陸上生活に環境が変わっても、その生体機能は水なしでは維持できません。これから生まれてくる赤ちゃん、そして大人まで、人間にとって水とは何なのかを確認してみましょう。これからの未来、どんな水を選択すべきかがわかります。

    体の中の水の割合

    人間の体はほとんどが水でできています。 皆さん1度は聞いたことがあるのでご存知の方も多いと思われます。 その割合が成長度合いによって異なるのはなかなか知られていません。 性別や年齢で差はありますが、胎児では体重の約90%、新生児では約75%、子供では約70%、成人では約60~65%、老人では50~55%を水が占めているのです。 赤ちゃんや子供などは高い割合ということがわかります。 特に赤ちゃんは90%という驚きの数字がでています。 なぜ、成長するにしたがって水分の割合が減ってしまうのでしょうか?  それは、生きるために必要な脂肪が体についてくるからで、その脂肪分だけ水の割合が少なくなってしまうためです。 成人の水分量は60~65%で、性別によって差があると書きましたが、これを男女に分けてみると、女性のほうが水分量の割合が低くなっています。 これは一般的に男性より女性のほうが体の構造上、脂肪が多いからです。 また年齢でも差があって、成人と老人を比べると、老人の水分量のほうが少なくなります。この違いは脂肪の多い少ないではなく、細胞内の水分の低下が原因なのです。老化現象のひとつである、筋肉が衰えるのと同様に、細胞内の水分が減っていくのは、老化によるものだと考えられています。

    人間の生命維持と水

    では、人間の水分はどこにあるのでしょうか? 人間の体は100兆個を超える細胞から成り立っており、体重の約65%を占める水分の約3分の2は、この細胞内に存在しています。残り3分の1は、細胞と細胞の間に存在する細胞間液と血液にあり、それぞれ生命を維持するために働いているのです。 驚くことに人間は、水と睡眠さえしっかりとっていれば、食べ物がなかったとしても2~3週間は生きていられるといわれています。しかし、水を一滴も取らなければ2~3週間が4~5日に、一気に短縮されてしまい命を落としてしまう可能性が増えてしまうのです。体内の水が不足することは脱水症状と呼ばれていますが、脱水症状をおこすと、体温を調節する汗が出なくなり体温が上がってしまいます。 また、汗や尿が出なくなるため体内に老廃物が溜まり、血液の流れが悪くなり、全身の機能が障害を起こして、死に至ってしまうのです。まず、体重の約2%の水分が失われただけで、口やのどの渇き、食欲がなくなるなどの不快感に襲われます。 約6%不足になると、頭痛、眠気、よろめき、脱力感などに襲われ、情緒も不安定になってきます。さらに10%不足すると、筋肉の痙攣が起こり、循環不全、腎不全になってしまい、それ以上になると、意識が失われ、20%不足で死に至るといわれています。 いかに生命を維持するのに水が大切かがわかります。

    生命の神秘と水

    胎児は母親の子宮の中で、羊水という水に守られて成長を続けます。 胎児は、水の中にいるのと同じ状況なので、肺で呼吸はしておらず、酸素と栄養は、子宮内に一時的にできる胎盤という器官を通じて、母親から供給されているのです。その胎盤と胎児をつなぐ血管が束になったものが「へその緒」なのです。 また、胎児は常に羊水を飲み、排尿しています。ことから羊水からもミネラル成分を吸収していると考えられています。母親の胎内で成長をする胎児の様子を見ると、受精してすぐの「胚子」と呼ばれる状態のときは、魚と同じような姿をしています。 その後、イモリのような形になり、ヒトの姿へと変わっていきます。羊水の中にいる短い期間に、魚から爬虫類、そして両生類という生物の歴史が凝縮され再現しているように見えると言われています。生命の神秘と不思議、そして人間と水との関係が感じられます。

    赤ちゃんにとっての水

    先ほどの話の通り、赤ちゃんの体のほとんどが、水でできています。 ですので、水は赤ちゃんにとって体そのものといえます腸などの臓器が未発達の赤ちゃんにとって水でさえも消化するのが難しく、下痢などの症状を引き起こすこともあります。赤ちゃんのデリケートなからだに負担をかけてしまうのです。 そこで余計な不純物が一切な除かれた純度の高い水が必要なのです。私たちが利用している水道水は、雨や川から浄水場へ辿り着きます。 そして、その浄水場で汚れた水に含まれる雑菌・細菌を殺菌して、私たちの各家庭に水道水が届けられるのです。 その際に、使用されているのが塩素なんですが、水道水の中に残っているといわれています。残留塩素は髪や肌のタンパク質を破壊したり、肌の保湿力を低下させたり、乾燥肌やアトピー性皮膚炎を悪化させるといわれています。 この他にも、花粉症・鼻炎・喘息などの原因になっているともいわれています。生まれてきたばかりの未発達な赤ちゃんには、かなりリスクがあるのです。 ミルクを水道水で作っているというママさんも多くいますよね。 体のほとんどが水である赤ちゃんだからこそ、安全な水が必要なのです。

    体を構成する主成分だからこそ

    人間と水は生きていくなかで、必要不可欠ということがわかります。 また赤ちゃんをはじめ、子供も大人も体を構成するうえで安全な水が大切といえます。 毎日の水分補給でおすすめしたいのがウォーターサーバーです。 ウォーターサーバーを契約すれば家まで配達してくれるので。重たい水を家まで持ち帰る手間も省けます。 また水が無くなったら、すぐに交換してもらえるので毎日飲んでも安心です。 不純物なども無く、品質管理が徹底しているので赤ちゃんも安心です。 ウォーターサーバーを利用して、これからも水と共存していきましょう。