1. ウォーターサーバーでご飯をおいしく炊く方法を試してみた

ウォーターサーバーでご飯をおいしく炊く方法を試してみた

[記事公開日][最終更新日]

ウォーターサーバーを導入して早半年、暑い季節はすぎさり水の消費量は少し減り、最近は料理にも使うようになりました。 ふと思ったのがご飯の炊き方。 ウォーターサーバーの水を使えばおいしいんだけど、もっとおいしくする方法があるんじゃないかと思い、いろいろ試してみました。

とぐ時からウォーターサーバーを使おう

お米の炊き方でよく言いませんか? 「お米はあっという間に水を吸うからとぎとすすぎは手早く終わらせるべき」 ようはといでる最中にも水を吸っている。 ならとぐ水もすすぐ水もウォーターサーバーのものを使えばいいんじゃないか。 結論から言うと正解でした。 いままではすすぐ水は水道水を使っていました。 それと比べてお米の味がよりわかりやすくなりました。 もったいぶらずに、とぎとすすぎの水もウォーターサーバーを使った方がよさそうです。

水と一緒に氷で炊いてみる

友人に教えてもらったのは炊くときの水は冷たい方がいい。 常温よりも冷えた水を使えばお米の粒が立ちやすくなって、冷めてもおいしいお水になる。 なるほど。 ウォーターサーバーの水はいつも冷えているので、常温の水道水よりもおこめがおいしくなっているのかもしれない。 それだけじゃないともわかるけど。 んで大切なのは、「炊くときに水の温度をもっと下げる方法」。 要は水の代わりに炊飯器へ氷を入れてしまえばOK。 水の分量を少なめにして、氷で補うようにすればおいしく炊きあがりました。 おにぎりにして冷めた後食べてみてもなかなかおいしかったです。

ジップロックで炊飯器いらず

他にもあるのが炊飯器でなく鍋でご飯を炊く方法。 土鍋じゃなくて、普通の鍋でもできそうな方法です。 最近は炊飯器でおかずを作ったりするので、そういったときに代わりになりそう。 作り方は簡単。 ジップロックの中にお米を入れて、それよりやや多い量の水をウォーターサーバーから入れる。 ジップロックの8割ぐらいが隠れるほどのお水をコンロで沸騰させ、15分ジップロックを煮ます。 そして5分ほど蒸らせば完成。 味は上場に炊き上がりました。 これは非常時などにもカセットコンロでお米が食べられそうです。

ちょいたしでもっとおいしくなった

他にもちょっと炊飯器に入れてみたらおいしくなる調味料も。 たとえばみりん。 2合に対して大さじ1ぐらい入れると甘味が適度に増しました。 はちみつも少しだけ入れるとつやと甘味が増しました。 あとはトマトを丸ごと入れ、トマトごはん。 トマトおでんよろしく、トマトのうまみがご飯にしみこみ、ただウォーターサーバーで炊いたご飯よりもおいしいです。 ちょっとの手間でご飯はいろいろおいしく変わりました。 ただ、ウォーターサーバーだからこそ成功して、水道水だと失敗するような技もあるのかもしれません。 実際に行うときは、まず少量から始めてみてください。