1. 水が料理の味を左右する

水が料理の味を左右する

[記事公開日][最終更新日]

たまにお呼ばれするあのお家の料理はいつも美味しい。なんでだろう。と思うことはありませんか?もちろん料理がうまいということもあると思います。しかし、実は料理の美味しさの秘密には、使う水にもあったのです!どのような水を使うかによって、料理の味はもちろん、香りや食感が変わってくるとも言われます。 では、実際のところどのような料理にどのような水が適しているのでしょうか?水道水?ミネラルウォーター?料理と水の本当の相性を知って、上手に活用していきたいですね。

水道水と料理

私たちがもっとも手軽に使うことができる水と言えば、水道水ですよね。当たり前のように水道水を使っている方もいれば、料理に水道水を使うのは避けているという方もいます。 日本の水道水は、水道法に基づいて水質基準が厳しく定められており、世界でも類を見ないほど清浄で味わいの優れたものとなっています。そのため、そのまま飲用することもできますし、料理にももちろん活用することができます。 また、日本の水道水はほとんどが軟水です。ミネラル含有量が少なくまろやかな味わいの軟水は、ご飯を炊くときや和食の調理全般には適していると言われています。 しかし水道水を料理に使うときに気を付けたいのが、塩素の問題です。水道水には消毒のために塩素が用いられています。これは水を清潔に保つためになくてはならないものですが、水中の塩素はときに「カルキ臭」と呼ばれる独特の臭いが生じることがあります。これが、そのまま飲むときや料理の香り、味わいにも影響してしまうのです。さらに塩素はビタミンなどの栄養素を壊すことがあるとも言われているため、塩素の含まれている水道水で野菜などを洗うことによって、せっかくの栄養素が損なわれてしまいます。 それを予防するために、水を飲む際や、料理に使う際には、浄水器を使用するのがオススメです。

ミネラルウォーターと料理

最近では容器入りのミネラルウォーターを購入したり、ウォーターサーバーを購入して料理に使う人も増えてきました。では、ミネラルウォーターと料理の相性はどうなのでしょうか? ミネラルウォーターと一口に言っても、原水や処理方法には様々な違いがあり、硬度も違います。一般的に国産のミネラルウォーターは軟水のものが多いですが、輸入物は中硬水から硬水のものもあります。 一般的に、炊飯やだし取りといった日本料理には軟水が、肉料理やパスタなど洋食の料理には硬水が向いていると言われます。ですから料理によってミネラルウォーターの硬度を確認してから使うと良いかもしれません。 しかし問題なのは、ミネラルウォーターを料理にも使うとなると、気になるのがコストや手間です。一番大きな2リットルサイズのペットボトルでも、毎日の料理に使うとなるとすぐになくなってしまいます。そのたびに買うのも手間やコストがかかりますし、ゴミの量も多くなってしまいます。 その対策方法として、まず、料理のすべての場面でミネラルウォーターを使うのではなく、お米を洗うときの最初の水のように、特に重要な場面でミネラルウォーターを使うとよいでしょう。またウォーターサーバーなども販売されているので、料理にもミネラルウォーターを使いたいという方は検討してみても良いかもしれません。

水の選び方

様々な水が手に入る現代。 ここで料理や飲み物に合わせた選び方のポイントを見ておきたいと思います。 軟水と硬水料理や飲み物に使う水を選ぶときの大きな基準として、「軟水か硬水か」ということです。 軟水・硬水の区別は硬度によって決まります。 簡単に言うと、含有量が少ないものが軟水、多いものが硬水です。 日本の水はもともと軟水が多く、水道水やミネラルウォーターもほとんどが軟水であるのに対し、ヨーロッパの水は多くが硬水です。 そのためか、一概には言えませんが、日本の料理や飲み物にはやはり日本の軟水が合い、洋風の料理や飲み物には硬水が合うということが多いようです。

水の使い方

料理や飲み物をおいしく楽しむためには、温度・量・使用方法の3つのポイントが重要です。 例えば、高級なお茶を淹れるときにグラグラと沸いたお湯を使ってはいけないと言われます。 一度湯呑に入れるなどして冷ましてから淹れることで、渋味を出さずにお茶の旨味だけを上手に引き出すことができるのです。 お茶だけではなく、すべての料理や飲み物において、水の温度は重要なカギを握ります。赤ちゃんのミルクを作るときのお湯の温度、野菜などを茹でるときの温度、パン生地やうどん生地をこねるときに使う水の温度などです。料理や飲み物に使う水の温度を間違えてしまうと、おいしくない、きれいに仕上がらない、栄養素が壊れてしまうなどなど、様々な面でマイナスになってしまうこともあります。 温度を計るのが面倒という方も多いかもしれませんが、ここは是非こだわりたいポイントです。 次に量です。日本人の食生活には欠かせない、お米。 お米を炊くときに水の量を間違えてしまうと、ベチャベチャになってしまったり、反対にパサパサになってしまったりということもありますよね。 それはほかの料理でも同じです。 その都度レシピを見れば必要な水の量というのはわかりますが、料理の基本として覚えておくことで、様々な場合にも応用していくことができるのです。 最後に使い方です。水には様々な使い方があります。何のために、どんな食材に、どんなふうに水を使うのかを考え、上手な使い方を知って、毎日の食卓をもっとおいしく、見た目も楽しみたいものですね!