1. ウォーターサーバーで防げる隠れ脱水

ウォーターサーバーで防げる隠れ脱水

[記事公開日][最終更新日]

我が家でウォーターサーバーを導入したのは、娘が冬に」脱水症状を引き起こしたからです。 ちょっと意外だったのですが冬にも水分摂取は意識すべきとのこと。 その対策としてもウォーターサーバーは適していました。

知らぬ間に脱水症状

去年の冬、エアコンを新しいものに慎重したおかげでおととしよりも暖かく過ごしていました。 それ以前は骨董品に近い暖房器具だったので寒かったです。 そんなさなか、娘がちょっと体調不良を訴えました。 熱もないので不審に思いながら、近くの内科に運んだら脱水症状になっているといわれました。 部屋の中は暖かいが熱いわけではなく、水もある程度は飲ませていたので驚きました。

そもそも子供は脱水症状になりやすい

話を聞いてみると子供は大人よりも脱水症状になりやすいと教えていただきました。 まず気づかないうちに失われる不感蒸泄が多く、知らぬ間に水分を失っているとのこと。 人間は汗以外にも皮膚から水分を常時失っていて、また吐く息の中にも水分は含まれている。 そして子供が不感蒸泄で失う水分の割合はとても多く、大人が大丈夫な状態でも子供だけが脱水症状になるのは珍しくないとのこと。 また、のどが渇ききる前に飲む習慣づけが出来ていない子供も多いのが一因とのことです。 幸いちょっと治療を受けて娘は治りましたが、この騒動がとても印象的でした。

対策としてのウォーターサーバー

これ以降は娘に水分摂取をこまめにさせるようにしました。  そのためにもウォーターサーバーを契約し、リビングに設置しました。 暖かいリビングに置いてあるのならば、気軽に水分摂取を行なえます。 何よりウォーターサーバーはお湯も出すことが出来ます。 冬にはぬるま湯を飲ませるようにして、水分補給に嫌悪を抱かないようにしました。 ココアや紅茶なども気軽に作れるようになったものうれしいです。

風邪の予防にもつながりました

ウォーターサーバーを始めた効果なのかは明確ではないのですが、 導入して以来、我が家に風邪ひきさんはいなくなりました。 冬に風邪をひきやすいのは乾燥した空気のせいでせん毛などが動きにくくなるといわれています。 常に体の水分を適正なレベルに保てば、せん毛などの期間は効果を十分発揮し、ウィルスを追い出してくれます。 日々こまめに水分補給を続けていたおかげで、体調を崩すことなく冬を過ごせました。 今年の冬も我が家はウォーターサーバー様様です。 こまめに水分を取りながら、健康的に年を越せそうです。 隠れ脱水も導入以降起きていません。 夏ばかり注目されますが、ウォーターサーバーは冬にも実力を発揮してくれました。