1. 実は危険!?甘く見られがちな水道水のリスクとは

実は危険!?甘く見られがちな水道水のリスクとは

[記事公開日][最終更新日]

日本の水道水は海外に比べて綺麗だと言われています。最近はミネラルウォーターを飲む人が増えていますが、水道水を飲む人もいると思います。しかし、水道水は本当に安全なんでしょうか?薬品の味がして、有害な物質が含まれていないか不安になったことはありませんか?実は水道水にはいくつかの危険があります。

大量の塩素が含まれる水道水

水道水からはカルキの臭いがして気になる人もいると思います。このカルキとは塩素の臭いのことを表しています。 水道水の原水は川や沼から取水しています。そのままでは雑菌や大腸菌がたくさんいるため、浄水場では塩素を2回投入して病原菌を殺菌消毒しています。水道法で1リッタルあたり0.1mg以上の塩素が残るように決められていますが、この基準は浄水場から一番遠い家でも最低0.1mg含まれるようにという条件のため、家が浄水場に近いならとさらに高い濃度の塩素が含まれることになります。最も浄水場に近い家では塩素濃度が1mg/リットルもあり、プールの塩素濃度よりも高い値になっています。 殺菌に使用した塩素が、塩素としての効力を残したままになっていることを、残留塩素と言います。塩素は水道水を綺麗にするためになくてはならないものですが、残留塩素があると、体に悪影響を与えてしまいます。肌の弱い人の場合は肌荒れを起こす場合があり、髪の毛を痛ませたりもするようです。

アルミも入っている

浄水場では、細かいゴミや塵をまとめて沈殿させる工程があり、その時に凝集剤として硫化アルミニウム、ポリ塩化アルミニウムなどの薬品を使います。そのため、水道水にはアルミ成分が含まれています。薬品のおかげで濁りやゴミを取り除くことができるのですが、液体化したアルミは水道水の中に残り、水を飲む時に一緒に飲んでしまうことになります。 アルミは、摂取し続けると腎臓機能障害やアルツハイマーを引き起こす可能性のある成分です。毎日アルミ成分の入った水を摂取するのは危険があります。

発がん性物質も含まれる?

水道水に含まれる成分の中で最も危険なのが、トリハロメタンです。トリハロメタンとは、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムという有害物質の総称で、原水を塩素で消毒する時に化学反応を起こして生まれる物質です。 トリハロメタンを摂取し続けると、残留塩素と同じく肌荒れの原因になる他、がんや流産、子供が奇形で生まれてしまう、肝障害や腎障害を引き起こすなど様々な悪影響があります。トリハロメタンは10~20分沸騰させることで取り除くことができますが、中途半端な沸騰時間で水だけ蒸発させてしまうと逆に濃度を上げてしまうこともあり、扱いが難しいようです。

水道管にも問題が

水は水道管を通って家まで流れてきますが、材質と老朽化が問題になっています。まず材質の問題ですが、現在は使用禁止になっている鉛管、アスベスト管が全国でまだ20%も残っています。鉛管を通ってやってくる水道水にはわずかに鉛が溶け出しています。重金属である鉛はいったん体の中に入ると体外に出すのが困難で、飲み続けると鉛中毒を起こす恐れがあります。鉛中毒は、脳の成長を阻害し、脳障害、痴呆を引き起こす可能性のある大変危険なものです。 アスベスト管の場合は、通ってきた水1リットルの中に、100万本ものアスベスト繊維が溶け込んでいると言われています。以前アスベストの建物が大変問題になりましたが、建設物だけではなく水道管にもアスベストは使われていたようです。アスベスト入りの水を飲むと、消化器系(食道、胃、腸)に刺さりがんを発生させる可能性があります。20パーセントの確率で、このように大変危険な水道管を通って水が流れてきているので安心できません。 老朽化の問題もあります。水道管は地方公営企業法施行規則で耐久年数40年と定められています。ですが更新が追い付かず、2015年には1割以上が期限切れになっています。人口減少のため、料金収入が少なく、施設を更新するお金がないのが現状です。長く使われた水道管の中は、赤錆や腐食で菌がたくさんいる状態になっています。

飲み水にはミネラルウォーターを

世界的に見て安全だと言われる日本の水道水でも、問題がたくさんあるようです。一日に成人が飲むといいとされている水の量は1.5リットルですが、毎日それだけの量を水道水から摂取すると、体内に有害物質が蓄積されてしまう危険があります。沸騰させればリスクを減らせますが、毎回沸騰させてから水を飲むのは大変だと思います。水は一気に飲むのではなく小分けに飲む方が体に負担をかけにくいと言われていて、健康を考えるなら一日に何度も水を沸騰させることになります。ペットボトルの水を買うか、ウォーターサーバーを設置することをお勧めします。特に毎回重いペットボトルを買わなくても安全な水が飲めるウォーターサーバーはお勧めです。 水道水は川や沼から取水していますが、ミネラルウォーターは衛生状態が万全に保たれている採水場から採水しています。その後水質分析をし、成分や微生物を確認します。基準に満たないものは使いません。何段階にも分けてろ過し、加熱殺菌をして、やっとミネラルウォーターになります。そのため口当たりがよく安全な水に仕上がっています。安全面でも味の面でも飲み水にするならミネラルウォーターの方が適しています。