1. 100万円貯めよう~ウォーターサーバー~

100万円貯めよう~ウォーターサーバー~

[記事公開日][最終更新日]

目次

    貯金というのは、出来る人はコツコツ貯めて大金を蓄えているものですが、出来ない人は本当に出来ずいざという時困るものです。実は私は今まで貯金0円だったのですが、ウォーターサーバーを毎日利用することで貯金が出来るようになりました。皆さんにもこの方法を是非教えてあげたいです!

    無駄な出費

    貯金はいきなり始めてもうまく行きません。まずは自分の生活を見直すところから初めます。そして、何にいくら使っているのかを明らかにし必要のない無駄な出費は極力抑えるようにします。そこが貯金のスタートです。だいたい、出費というのは三種類にわかれると言われています。「浪費」「消費」「投資」の三種類です。そしてそのうち投資は貯金としての役割をもちます。そして、投資だと思ってお金をかけていたものも、よくよく考えてみると浪費に過ぎなかったりします。もちろん、浪費というのは生活の中で削るべきお金の使い方です。 ではこの三種類、どのように分けるのでしょうか。 まず「浪費」。これは払った代金に対してその価値が低いもののことを言います。わかりやすいのがギャンブルで負けた場合です。もしもギャンブルで負けると払った金額と対等なものは返ってきませんし、むしろマイナスです。お金をかけることに将来的なメリットも望めません。 漫画などもそれに値するかもしれません。”買ったけれどつまらなかったので途中で読むのを辞めた本”等は払ったお金に見合う価値を持っていません。 そして「消費」です。消費は払ったお金とその価値が等しいもののことを言います。生活に必要な食事や必需品の購入はこれに値します。ただこれも、必要以上に食事にお金をかけたり高すぎる買い物や不要なお金のかけかたは「消費」ではなく「浪費」になってしまいます。 最も有意義で意味のあるお金の使い方が「投資」です。 投資はたとえ今は払ったお金に見合う結果を得ることが出来なくても将来的にプラスになるものにお金をかけることを言います。簡単なものが、株やFXなどの資産運用です。 そうでなくても、一度お金を払って買った本を長く読み続けその本のお陰で人生が豊かになった場合、その本にかけたお金は「投資」といえるでしょう。

    コツコツ貯金

    あなたの生活も上に書いたとおり三種類のお金の使い方に当てはめてみましょう。そしてそのうち浪費につかっているものの購入を抑えたり、買ったものの使い方を改めるようにしましょう。 それができたら次はコツコツ貯金をするのです。 貯金も、今までの暮らしのままお金だけ貯めればいいというわけではないのです。どこかを削り、そこで出たお金を貯める。もしくは、先に貯金をする額を決めて貯金から毎月をスタートさせるのです。 私は、生活の中で水道代や電気代を無駄に感じたため、そこの改善をしてみました。 まず電気はそもそも廊下や普段使わないところには電球を付けないようにしています。その他の電気もLEDにして長持ちするようにしています。また、テレビやレンジ等使わない時間は主電源を切るようにしています。 そして水道代ですが、これはウォーターサーバーを契約することで節約になりました。まず料理などに使うお水の出しっぱなしがなくなりました。出しっぱなしで無駄になる水道代なんてたかがしれてると思うかもしれませんが、実は毎日のこととなるとチリも積もれば山となるのです。 ウォーターサーバーの場合、綺麗で美味しい安全なお水が毎月決まったお金を払うことで届きます。お金の管理もしやすく、コストパフォーマンスも良いため払ってるお金と対等の価値が戻ってきていると感じます。 実際にウォーターサーバーを契約する以前と今とでは水道代に大きく違いがでました。また、ペットボトルの購入がほとんどなくなったためその点でも節約になっています。

    ウォーターサーバーを買うときに

    水道代を見直すためにウォーターサーバーが気になった方。もしかしてウォーターサーバーの契約に悩んでいませんか?きっとこんな悩みがあるだろうなと思い、実際に使っているわたしがその問題点についてお答えします! ・うるさいんじゃないの?? これは多くの人が疑問に思うことかもしれません。もちろん、全くの無音というわけではありません。しかし電気の音がうるさくてストレスになったり気になるような音はしませんよ!部屋が本当に静かだとかすかに音が聞こえますが普通に生活している分には私は音に関して気になることはありません。 ・美味しいの? これは是非飲んでからもう一度考えて頂きたい質問です。飲まなければわからないとおもいますがウォーターサーバーのお水は水道水に比べて断然おいしい!とわたしは思っています。甘みを感じることが出来てなめらかな舌触り。水道水にはどこか違和感を感じるものがあったのですが、ウォーターサーバーのお水なら美味しくのむことができます。 ・邪魔じゃない? これは私も契約前に悩んでいました。私の家は割りと狭いのでウォーターサーバーをどこに置こうか、じゃまにならないかと考えていました。しかし届いたウォーターサーバーは想像していたものよりもコンパクトで設置しやすく重さもなかったため簡単に移動もできました。家の中においていても違和感なく他のインテリアの雰囲気を壊すことなく馴染んでくれますよ。 どうでしたか?ウォーターサーバーで電気代節約の一歩を踏み出してみましょう!

    まとめ

    貯金はコツコツしていくものです。ウォーターサーバーにした最初は使い方やお水を飲むペースがうまくいかずに貯金にならないこともあるでしょう。しかし毎月きちんと出費の管理をすることで一定の金額を貯金することができるようになります。ポイントは続けること!1年後には海外旅行も夢じゃありません!!