1. 水(お湯)のお風呂に入ったらどうなるの

水(お湯)のお風呂に入ったらどうなるの

[記事公開日][最終更新日]

目次

    ウォーターサーバーを導入してみて思ったことは、普通に水やお湯、お茶を飲んだりする以外の何かいい使い方はないかということ。聞くところによるとウォーターサーバーの水で自家製の化粧水を作ったりする人もいるんだとか。 つまり肌にいい。ということは、お風呂に浸かったら(誤字ではない)どうなんだ・・・ということでやってしまおうかと。

    先人に学ぼう!

    さぁ思い立ったが吉日、さっそくやってしまえ!とは思ったもののなんとなく踏み切れず、まずは同じような発想をしたおバカさん先人はいないものかとネット検索。 ううーむ。ちょいちょい「髪の洗い上がりがサラサラ」みたいなのはみかけるものの、実際にやってみてるかどうかはわからないなぁ・・・ なかなかみんなこういうおバカな思い切った行動は取らないんですかね。 ううーむ。 お、そうだ身近に専門家いるじゃん。

    専門家(?)に聞こう!

    そういえば先日数年ぶりに兄に会ったときに「温泉ソムリエの資格とった」とかのたまってたのを思い出す。さすが暇人、何の役に立つのかよくわからない資格までとってしまうほど温泉好きならお風呂関係は詳しいはず。というかあの人ならいっそウォーターサーバー風呂とか既にやってるかも! ということでTEL。 RRRR..RRRR.. 兄「もしもし~?」 私「私だ。」※精一杯の低い声で ・・・・ ガチャ。ツー・・・ツー・・

    温泉ソムリエ曰く(1)

    RRRR..RRRR.. 兄「なんじゃい」 私「ガチャ切りとかないわー。ちょっとしたお茶目じゃないっすかーにいさーん」 兄「うるさいだまれ。」 私「そんなことより質問がございます。」 兄「うるさいだまれ。」 私「温泉ソムリエ様に質問でございます」 兄「ほう。」 私「ウォーターサーバーの水というかお湯のお風呂ってどうなん?」 兄「病院行け。」

    温泉ソムリエ曰く(2)

    私「え?ダメなん?」 兄「いや温泉関係なくね?」 私「でもほら、言うなれば同じ天然水でしょ。ときどきあるじゃん、『温泉の水を飲んで健康に!』みたいなやつとか」 兄「ううーん、まぁたしかに普通の水道水のお湯よりはきれいな水なんだろうけど、でも飲み水に特化したものであって浴びるためのもんでもないだろうに」 私「まぁ・・・」 兄「どうしてもやりたいなら止めないけど。でもとんでもなく面倒だぞ。1回風呂に入るために一気に20本くらいボトルを消費する覚悟があるならやればいいんじゃない?」 私「ギャフン」

    計算してみよう!

    一般的な家庭のお風呂で組むお湯の量はおおよそ180Lくらいだと考えられます。 我が家のウォーターサーバーはクリクラミオ。ボトル1本の容量は8L。つまり1回お風呂に入るために使用するボトルは20本強。ボトル1本1,100円(税抜)なので・・・これで諭吉2名が行方をくらませることに。 兄「うん、そんだけあれば近場の温泉行けよ。」 私「たいへんごもっともでございます・・・」 兄「電気代とかほかも考えるとけっこう寒気するでしょ。」 私「はい。寒いです。財布も諭吉さんのスペースが空いてしまって寒いです。」 兄「だから言ったじゃん。温泉行って温まってこいよ。」 私「うまいこと言ったつもりになってるんじゃねーぞ」

    【結論】やめておこう!

    うん、やめます。ウォーターサーバーの水は飲み水です。無駄に浸かってはいけない(誤字ではない)。 ありがとう温泉ソムリエ。おかげで諭吉さんは家出せずに済むようです。 というわけで発想はそれなりに面白そうなウォーターサーバー風呂ですが、あまりお勧めできるようなものでもなさそうです。ウォーターサーバーの水はおいしく飲んでこそ。浴びるように飲むことはあっても本当に浴びるのには適してないようです。