1. 水切りヨーグルトの「水」の活用術

水切りヨーグルトの「水」の活用術

[記事公開日][最終更新日]

目次

    水切りヨーグルトは言葉の通り「ヨーグルトの水を切ったもの」です。水切りをするだけでサワークリームやクリームチーズのような味わいになります!なのにカロリー控えめで栄養はそのまま。便秘にも効くので女性には良いことづくめで人気を集めています。

    水切りヨーグルトの作り方

    作り方はといっキッチンペーパーを敷いたザルに市販のヨーグルトを入れて、数時間~一晩置くだけで完成です。一晩寝かせるとスプーンですくっても崩れない固さまでになります。電子レンジで水切りを早める方法もありますが、この方法で作ると乳酸菌が減ってしまうので自然に置いておくことをオススメします。 しかし、今すぐに水切りヨーグルトが必要なんてときもありますよね!そんなときには、重しを使います!5分ぐらい経つとクリームチーズぐらいの固さまでなります。 また、作る時に出てくる水は“ホエー”と呼ばれるもので、美容や健康にいい栄養分が豊富なのです。ホエーは、ダイエットや美肌、睡眠など女性のお悩みに効くので積極的に摂りたいものです。料理においてもすごい効果があるのでホエーの活用術をご紹介します。

    ホエーを飲む!

    美容健康のために摂るのなら果物や牛乳と合わせて飲み物として飲むと良いでしょう。 ホエーには乳酸が入っていて酸味があるため、そのままでは飲みにくいものです。しかし、果物と相性がいい酸味なので、スムージーを作る時に野菜や果物と一緒にホエーを入れるのがオススメです。 また、ホエーを牛乳で割って、砂糖やはちみつ、メープルシロップを入れると乳酸菌飲料になります。どちらも簡単に作れて量多くホエーが摂れる使い方なので、オススメです。

    ホエーを使ったスイーツ

    パンケーキやホットケーキ、スコーンにホエーを入れて焼くとフワフワ感もモチモチ感も出て、とても美味しく仕上がります。 子供のおやつや軽食にパンケーキを作ることがありますが、牛乳を減らしてその分ホエーを入れると、酸性のホエーが重曹やベーキングパウダーと反応するため、よりふんわりモチモチした仕上がりになるのでホエーを入れて作ってみることをオススメします。 ただし、ホエーと重曹やベーキングパウダーを混ぜると反応がすぐに始まってしまうので、生地を混ぜたらすぐに焼くことが大切です。

    お肉のうま味もアップ!

    シチューやカレーのお肉が柔らかいととても美味しいですよね!お肉はじっくり煮込むことで柔らかくなることもありますが、中途半端に煮込んでしまうと、固くなり旨みもどんどん出てしまいます。 そこで、ヨーグルトに肉をつけ込む技が料理の裏ワザとして紹介されていますが、ホエーを使っても肉が柔らかく、うま味もアップします。というのも、ホエーの中の乳酸が肉の繊維をほぐすためです。 漬けこむ時間は30分~1時間程度。あまり長く漬けこみ過ぎると柔らかくなりすぎて肉の食感がなくなったり、ボロボロしてしまうので注意が必要です。

    ホエーで美白対策

    ホエーには強力な美肌効果があり、特にアンチエイジングに有効であることが研究などでわかっています。中でも乾燥、シワなどの改善効果が高く、40代以上の女性が長期間使用することでこれらの症状が飛躍的に良くなったというデータが数多くあります。 例えば、入浴剤のかわりにホエーを湯船に混ぜるだけで、ヨーグルト成分たっぷりだからミルク風呂に入ったように肌がしっとりとつやつやな肌にする効果が期待できます。ミルク風呂よりも経済的に優しいのもうれしいですね! また、ホエーをコットンに染み込ませてパックするのもお手軽でオススメです。乾燥肌が良くなったり、シワが目立ちにくくなるという効果が期待出来るます。是非試して見てください!