1. 富士山のの水は本当に美味しいか?

富士山のの水は本当に美味しいか?

[記事公開日][最終更新日]

目次

    今人々があらゆるで便利を追求しています。その中では、特に水に対して便利と美味しさを求めている人が年々増えています。そういう人たちは最後に辿り着いたのがウォーターサーバーです。赤ちゃんのミルク、料理、ダイエット、美容など、ウォーターサーバーは様々の面で我々を生活をサポートしています。 ウォーターサーバーのメリットの1つは水質がいいというところです。基本現在市場に流通しているウォーターサーバーはほとんど天然水を使っています。天然水といえば、すぐ頭の中に「富士山」を浮かぶ人が多いと思います。しかし、それと同時に本当に富士山の水がいいの?どこがいいの?と思う人もきっといます。本文のなかでは詳しく「富士山の天然水」について語りたいと思います。

    富士山の天然水

    富士山の水は日本の名水百選に選ばれています。現在清涼飲料水市場では某メーカーの南アルプス、もりの水程有名ではないですが、確実に徐々に人々の視野に入ってきています。しかし、富士山に流れている水は全て飲めるというわけではありません。 国に認められているところで採取した水だけ、富士山天然水と呼ばれます。富士山の天然水の中にバナジウムが豊富に含まれています。それは富士山天然水が高く評価される一つ重要な理由です。富士山の玄武岩の地盤は日本唯一7層構造となっている地盤で、数百年の時間をかけてバナジウムが豊富に含まれている天然水を生み出しました。 これは日本国内でも、海外でも非常に珍しい構造で、よって富士山天然水のバナジウム保有量が世界においてもトップレベルです。

    バナジウムのメリット

    確かに富士山の天然水はバナジウムを豊富に含まれていますが、バナジウムの良さがわからない人が大勢います。バナジウムはミネラルの一種です。現在、検証されているのは4つの効果があると言われています。 ①血糖値のを下げる アメリカのテンプル大学の実験によってバナジウムの血糖値を下げる効果が明らかにされました。富士山の天然水は血糖値改善効果を持つ「五酸化バナジウム」が含まれています。 薬にはならないですが、糖尿病などの病気の予防には非常に効果があるといわれています。注意しなければいけないのは病気になってから天然水で直そうとしている人が少なからずいると思いますが、それは間違いなく勘違いです。天然水は病気を直すわけではなく、健康を維持するためのサプリメントです。 ②ダイエット効果 バナジウムは新陳代謝を加速する効果があります。直接に脂肪を燃焼させるとは言い難いが、新陳代謝を上げることによって間接的に脂肪を減らすことが可能です。 そして、バナジウムブドウ糖が中性脂肪として体内に蓄積されることを抑える効果があります。実際、ジムなどを通っている方々は知っているかもしれないですが、ジムの中では有料で提供している水にバナジウムが含まれています。会員にバナジウムが含まれている水を提供することによって、運動時のカロリー消耗を増加させ、運動効果を高めることが出来ます。 その他に、ミネラルウォーターが普通の水より吸収し易いので、運動時の脱水症状にもプラス効果があります。 ③美容効果 バナジウムは新陳代謝を活性化する効果があるため、体内の要害物質の排出を促進します。老廃物を排出する事によって、肌の「たるみ」の原因にもなる「むくみ」の解消にもなります。 また、バナジウムアは毎日摂取することで腸内の有益菌を増やすことが出来、良好な便通を保つことが可能です。美容の最大天敵である便秘を解消し、常に体内を切れにすることで、つるつるが肌が手に入ります。 しかし、そこで注意しなければならないのは、便秘を解消するのに、バナジウムだけ摂取しても効果が薄いとのことです。他のミネラルも同時補充することが重要です。

    バナジウムの摂取量

    バナジウムは確かに体にいいものですが、一定の量を超えると体に悪い影響が与えてしまいます。過剰摂取は厳禁です。この副作用を表すのは1日1mg以上を摂取する場合です。普通の天然水でしたら全くそういう心配が要りません。 なぜなら、普通の天然水でしたら、その量を超えるために、1日20リットル以上も飲まないといけません。それは実に難しいです。日常的に摂取する程度の水の量であれば、安心且つ効率的にバナジウムを摂取することが出来ます。 それに、ウォーターサーバーを使う場合、特に意識しなくても、自然にバナジウムを毎日補充できるので、長期的に考えると非常に自分そして家族の健康に貢献すると考えます。