1. 夏はかき氷

夏はかき氷

[記事公開日][最終更新日]

目次

    夏といったら、祭り、海、花火など様々なものを浮かべますが、一つ忘れではいけないのはかき氷です。あの甘酸っぱい、カラフルの食べ物はどうしても忘れられない人は大勢いると思います。その為、大人になってもかき氷にはまってる人が年々増加しています。そしてそのニーズに応じて、いろんなメーカーがいろんな商品を出しました。その上で実質店舗の数も増える一方です。

    あ!っ痛い

    かき氷が好きな人がいますが、逆の嫌いな人もいます。その理由は大体食べる瞬間にキーンと来る痛みが耐えられないからです。実はそれは氷に使われている水に関連します。ここで本文のメインテーマに入りましょう。ウォーターサーバーの水でかき氷を作れば、苦手な人でもかき氷を楽しめます。 なぜでしょう?まず水道水で作られた氷は水道水のカルキが残ってしまうので、どうしても雑味として氷に残ってしまいます。且つ、水道水はほとんどが硬水のため、更に頭を痛める原因になります。 ウォーターサーバーの水はほとんどが天然水で、天然水とはその名の通り天然の水で山水としてとても多く利用されています。天然水は木や土が綺麗に浄化されているため、とても栄養価が高く、自然環境が綺麗にしつつ含んでくれたミネラルが多く含まれています。この水は凍らせてもミネラル分が流出しないので、夏など体力が落ちて熱中症や日射病にかかりやすくなる時期にはピッタリなものです。この水を利用して料理をしたりかき氷を作ったりすれば、その天然のミネラルを簡単に身体に取り込むことが可能なので、夏バテを予防することが可能です。 且つ、天然水はほとんど軟水になるため、ふわっとした食感の氷を作るのが可能です。普通の水で凍らせた氷で作ったかき氷が美味しくない理由として、不純物(水以外の部質が含まれない)が少ないため、氷が溶けて水になる温度は0度に近い状態です。 このため、かき氷として氷を削る前に、マイナス10℃からマイナス4℃くらいまで、少し温める事が出来ます。ところが、急速に凍らせた不純物の多い氷は、マイナス10℃くらいで溶け始めてしまうので、温めてから削る事が出来ません。それに対して、天然氷は不純物(水以外の部質)が残っているため、0℃を超えても溶けない特性を持っています。

    美味しく作るコツ

    ふわっとした食感のかき氷を作るためには、氷がちょうどいい感じに固まる必要があります。 冷凍庫から取り出したばかりの氷は表面がとても固い為、かき氷機の歯でも負けてしまうので、ふわっとしたかき氷が出来ません。そのため、1つ重要なポイントは冷凍庫から取り出してしばらく置いておく事です。 軽く溶け出して氷が透明に見えるくらいが削り頃です。これでふわっとした食感のかき氷に一歩近づきくことができます。更に、筆者がおすすめしたいのは、氷に塩や砂糖などを入れる事です。こうする事で、氷と氷の隙間に結晶が挟まり、その隙間があることによって、氷の間に空気を入れることが出来、ふわっと下食感を実現します。 その他にもう一つ重要なことがあります。想像すればわかると思いますが、ふわっとした食感のためには細かく氷が削れている事がポイントです。むしろ、一番大事なことです。荒く削られていると、どうしても硬い食感になってしまうので、出来るだけ細かく削るようにするとおいしくなります。筆者ができるアドバイスは、「いいかき氷機を買いましょう」とのことです。 かき氷は季節が過ぎましたが、もう一回あの夏の感動を思い出したい方々はぜひ一度天然水でかき氷を作ってみてください。それか、来年の花火大会のために、家で練習しましょう。ウォーターサーバーがあれば、いつでも出来ます。そして、かき氷だけではなく、ウォーターサーバーが本来人々の生活に便利と健康を提供する器械なので、健康に気を使っている方々、特に美容なとにこだわる方々、一度使ってみてください。あなたの常識を変わります。そして、社会人1年目の新入社員の方々、「コーヒー飲みたい時にお湯がない!」、「水飲むだけなのに、コンビニにいくのが面倒くさい」、などの悩みはウォーターサーバーが解決してくれます。