1. 健やかな成長のために

健やかな成長のために

[記事公開日][最終更新日]

目次

    赤ちゃんや小さいお子さんがいると、ミルクや離乳食、ご飯って待ってくれないので困ることも多いのではないでしょうか。赤ちゃんや小さいお子さんは、お腹空いたり喉が渇いたときにすぐ食べたい!飲みたい!となってしまうものです。そこで、お湯がすぐに沸いたらどんなに楽かと思うものです。

    ウォーターサーバー

    そんなママたちの悩みを解決させるものが、ウォーターサーバーです! ウォーターサーバーであれば、使いたいときに使いたい量の水やお湯を出すことができます。赤ちゃんや小さいお子さんが泣き出して、すぐにミルクや離乳食、ご飯を作りたい!なんてときにとても活躍します。 最近のウォーターサーバーは、デザインも豊富で部屋のデザインに合わせて選ぶことも出来ますし、そんなに置く場所はないというご家庭には、スタイリッシュなデザインのもの、またそんなに水を使わないというご家庭には卓上型のものなどがあります。 私たちが飲む水が美味しいのももちろん、赤ちゃんや小さいお子さんの食事にも活用することが出来るので、そんな子育てママのためのウォーターサーバー活用術をご紹介します!

    水道水ではなく、ウォーターサーバーを

    日本の水道水は、塩素で消毒されています。そして、この塩素殺菌する過程で発がん性物質であるトリハロメタンが発生すると言われています。 そのため、赤ちゃんのミルク調乳をする際には、水道水を一旦沸騰させている人も多いでしょう。 水道水を沸騰させると、塩素は飛びますし、雑菌も死滅するのですが、トリハロメタンは10~30分煮沸しないと除去できないと言われています。さすがに、こんな長い時間煮沸させる人はほとんどいないのではないでしょうか。 つまり、水道水の湯冷ましや白湯は赤ちゃんの調乳には決しておすすめできない水なのです。赤ちゃんのミルク調乳には、市販のミネラルウォーターや、浄水器で浄水した水がおすすめです。そういう意味でも、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを利用するのはおすすめなのです。

    手軽に水やお湯を使える

    何よりもウォーターサーバーのメリットは安全な水が「簡単に手に入る」ことです。 ウォーターサーバーは、冷水だけでなく温水もすぐ使えます。安全な水を、すぐミルクを作るために使えるのですから、これは便利です。 ウォーターサーバーの温水は80度前後。カップ麺に使えるくらいの高温です。いちどこの温水で粉ミルクを溶かし、冷水で温度を調整します。温水はもちろん、冷水も滅菌した安心な水なので、冷めるのを待つ必要がないのです。 新生児の頃は3時間ごとに授乳するので、睡眠不足にもなりがちです。しかも1日7回のミルク作りはかなりのストレスです。この時間を短縮できるありがたさは想像以上。お湯はいつでも使えるので、このタイミングでティータイムを設けるなど、気持ちを落ち着ける時間にも使えます。 そして最近のウォーターサーバーには、子供がお湯を出せないよう「チャイルドロック」が装備されています。安心して子供たちが使うことができます。

    離乳食作りにもウォーターサーバーの水を

    ウォーターサーバーの水には、赤ちゃんにあげても大丈夫なミネラル成分を調整したものがあります。 衛生管理されているため水道水のような不純物の心配もなく、粉ミルクや離乳食に使えるのもまたメリットです。 衛生的なミネラルウォーターなら大丈夫!と思いきや、商品によっては大人向けの成分になっていて、赤ちゃんには向かないこともあるのです。しかし、ウォーターサーバーの水であれば、高度なろ過処理をした純水をベースにした水であれば、放射性物質や水質汚染の心配まで解消されます。 赤ちゃんのミルクや離乳食だけでなく、おっぱいをあげるお母さんにとっても、手間をかけずに安心して使うことのできるウォーターサーバーの水を選んでみてはいかがでしょう。

    安心安全な水がいつも使える生活

    近年、赤ちゃん用というのをきっかけに、ウォーターサーバーを導入する家庭が増えているようですが、私たちの食生活でも、安心・安全な水を飲みたいですよね。 日頃、私たちが飲んでいる水道水にも塩素やフッ素、トリハロメタンといった添加物が殺菌などの理由で加えられています。また市販のミネラル水も、赤ちゃんを対象にしたものではないので、ミネラル成分が多すぎることがあります。 その点、ウォーターサーバーの水は、安全性や添加物についてあらかじめ調べることができます。ウォーターサーバーでは、主に2つの種類の水がサービスされています。ひとつは天然水。名水の産地の、地下から直接組み上げ、フィルターで不純物を取り除いた水は、厚生労働省の厳しいガイドラインをクリアした安全な水です。 もうひとつの「RO水」は、ミネラル成分までフィルダーで除去した純水に近い水に、ミネラルや栄養成分を加えた人工水です。どちらを選ぶかは、水の味や成分が基準になります。 ウォーターサーバーの水は、その由来や成分をあらかじめ知ることができますから、目的や好みで選ぶことができるのもとても良いですよね。