1. ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌・無除菌

ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌・無除菌

[記事公開日][最終更新日]

目次

    あなたがいつも飲んでいるミネラルウォーターのブランドは、日本のブランドですか? それとも、海外のブランドでしょうか? 実は、ミネラルウォーターは国によってお水の処理の方法が違います。いつも飲んでいるお水の種類について知って、より自分の好みに近いミネラルウォーターを見つけられるといいですね。今回は、ヨーロッパのミネラルウォーター事情についてお伝えします。

    ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌・無除菌だった

    私たちが“安全なお水”と聞いて思い浮かべるのは、体に悪い成分が入っていなくて、雑菌がまったくいなくなるような処理が施されたお水、というイメージがありますよね。きちんと処理されたものほど、口に入れても安全なように見えるものです。そんな日本で、「無殺菌・無除菌」と聞いて安全なイメージを持つのは、なかなか難しいことかもしれません。 ところがヨーロッパでは、無殺菌・無除菌のミネラルウォーターこそ安全なお水と考えられており、日本とはまったく違う方法で安全性が保証されているのです。 ヨーロッパのEU加盟国では、統一基準によって、ミネラルウォーターの殺菌処理が禁じられています。これは、“生きた水”であることを重視するヨーロッパならではの安全基準と言えるでしょう。体に影響を与える菌が自然と入った“生きた水”でなければ、飲む意味がないとされているのです。

    どうしてヨーロッパのお水は無殺菌・無除菌でも安全なの?

    いくら自然に近いお水が魅力的とはいえ、もしも体に悪い成分が入っていたら、安心してミネラルウォーターを飲めませんよね。ヨーロッパのミネラルウォーターは、どうして無殺菌・無除菌でも安心して飲めるのでしょうか?  その秘密は、水源にありました。 実は、ヨーロッパのミネラルウォーターの水源は、採水地とその周囲の環境保全が徹底されています。水質が汚染されないよう厳しく管理するのはもちろんのこと、環境保全に取り組む範囲は、なんと採水地から数万ヘクタールにも及ぶのだと言うから驚きです。その上、ミネラルウォーターのボトルに含まれる菌の数まで、厳しく規定されています。だからこそ、ヨーロッパのミネラルウォーターは無殺菌・無除菌でも安心して飲めるのですね。 ヨーロッパの「ナチュラルミネラルウォーター」には、原水・ボトリング法・ラベル表記に至るまで、細かな規定があります。出来る限り自然に近いお水を安全に味わいたいなら、厳格な基準に基づいて作られたヨーロッパのミネラルウォーターを飲んでみるといいでしょう。

    日本でも自然に近いお水は飲めるのか

    それでは、日本国内でもヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターのような自然に近いお水は味わえるのでしょうか? 残念ながら、日本のミネラルウォーターはすべて殺菌が義務づけられているため、ほとんど自然のままのお水を飲むのは不可能となっています。 そんな日本でどうしてヨーロッパのミネラルウォーターを飲めるのかと言えば、厚生労働省が条件つきで無殺菌・無除菌のお水を認可しているからです。その条件とは、ひとつが「源泉から直接採取されてそのままボトリングされたこと」、もうひとつが「原水が有害な菌に汚染されていないこと」となっています。日本に輸入された海外ブランドのミネラルウォーターは、このような基準で安全が保証されているのです。 日本でより自然に近いお水を飲みたいなら、「ナチュラルミネラルウォーター」と表記されたお水を買ってみてください。ただし、こちらはヨーロッパのお水と違って「ろ過・沈殿・加熱殺菌」という最低限の処理がされています。ちなみに、アメリカのお水も日本と同じく殺菌が義務づけられていますから、海外ブランドとはいえヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターとは勝手が違います。

    ヨーロッパのお水はウォーターサーバーでも飲める?

    ご自宅にウォーターサーバーの導入を検討している方の中には、「ヨーロッパのお水をウォーターサーバーで飲みたい!」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。ところが、ヨーロッパの硬水を取り扱っているウォーターサーバーは、日本では見られないのが現状です。無殺菌・無除菌のナチュラルミネラルウォーターを飲みたいなら、市販の海外ブランドのお水をペットボトルで購入しましょう。 ろ過・沈殿・加熱殺菌の処理がされているとはいえ、日本のウォーターサーバーでも、より自然な状態に近いナチュラルミネラルウォーターを飲むのは可能です。逆に、なるべく人工的に処理をしたお水の方が安心できるという方は、超微細孔処理によって不純物を取り除いた「RO水」のウォーターサーバーを選びましょう。 ウォーターサーバーのお水はどれも安全に飲めるものですから、どんな種類のお水にするのかは、最終的には好みで決まってくる部分があります。用途やお好みに合わせて、ご自宅にもっとも合ったお水を選んでみてください!