1. ダイエットするならウォーターサーバー

ダイエットするならウォーターサーバー

[記事公開日][最終更新日]

目次

    ダイエットを始めて運動や食事に工夫をしても、なかなか長続きがしないことはあります。そこでオススメしたいのが、ウォーターサーバーをダイエットに取り込むこと。そう、水をこまめに取ることはダイエットにもつながるのです。

    意図的にやるダイエットは長続きしない

    そもそも、なぜ多くの人がダイエットを断念してしまうのか。答えははっきりしています。「辛いから」です。当然のことです。 そこから考え出されているのが「やらされている感じのしないダイエット」です。要は椅子から立ち上がったときに少し運動をするとか、我慢しないダイエットと言う考え方があります。していると感じないようなちょっとした習慣をダイエットに結びつけるという考え方です。やらされてる感じが無ければ、長続きするという考え方です。

    水は食べ過ぎを防ぐ

    そしてウォーターサーバーの水。水をこまめに飲み続ければ過食を抑えることにつながります。 なぜかと言えば空腹感に秘密が。よく偽物の空腹感とか言いませんか?空腹感を感じるのはおなかがすいたからとは限りませんが、水分不足も空腹感につながります。ついついおなかがすいて間食してしまうときも、水分補給を行っていれば防げるかもしれません。食事の30分前に水を飲むことで食べ過ぎを防ぐことにも繋がります。

    飲み物のカロリーは馬鹿にならない

    清涼飲料水などのカロリーもばかになりません。科学者の警告では、「加糖の炭酸飲料などに栄養学から価値はない」と言われているほどです。ジュースなどの飲み物はただ余分なカロリーを取るだけです。また、お酒もばかにできません。 ウォーターサーバーを導入すれば、難なく水をよく飲むようになり、相対的にジュースなどを飲む機会が減ります。知らず知らずの間にカロリーの摂取量が減るので、ダイエットにつながります。

    水だけでなくお茶も飲もう

    ダイエットを目的とするのなら、水だけでなく日本茶もお勧め。 糖分なく味わえ、利尿効果で体内の排出物を掃除する手助けもしてくれます。 のみすぎると体を冷やしてしまうのでほどほどに。また、利尿効果は体内の水分を減らすことにも繋がるので、あくまで水を主軸に時々お茶と意識しての見分けましょう。

    体を温めるには黒糖生姜紅茶

    これからの寒い時期は黒糖生姜紅茶もお勧めです。ウォーターサーバーで作る紅茶に、黒糖と生姜を入れるだけです。 黒糖は白砂糖よりも空腹を引き起こしにくいので、分量さえ注意すればさほど問題になりません。生姜は体を奥から温め、体温上昇でエネルギーの消費を助けます。冷え性の改善にも効果あり。 こちらもカフェインなどの利尿効果はあるので、飲みすぎには注意してください。 水を飲むだけではダイエットにはなりません。毎日ちょっとした工夫を繰り返してダイエットを続ける必要があります。しかし、ウォーターサーバーは毎日の摂取カロリー数を難なく減らしてくれる能力があります。ダイエットを考えている人は、運動後の水分補給も含めウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。