1. ウォーターサーバーの購入してから

ウォーターサーバーの購入してから

[記事公開日][最終更新日]

目次

    ウォーターサーバーは、前からほしかったのですが、高いのではないかとか、いろいろ考えて購入できずにいましたが、いろいろ調べてみて、別段高いわけではないことがわかったので、この度購入にふみきりました。自分の体験を参考にしていただければと思います。

    ウォーターサーバーについて調べる

    ウォーターサーバーを前からほしいと思っていたのですが、値段が高いのではないかと思っていたたため、なかなか購入に踏み切れませんでした。
    そこで、実際に購入した友達に聞いてみたり、インターネットで調べてみたところ、大体のメーカーは、ウォーターサーバー自体は、基本タダで、水代しかかからないことがわかりました。

    しかも、ペットボトルの水より、値段は安いとの事です。
    今まで勝手に、値段が高いものと思い込んでいましたが、そんなことはなく、大変驚きました。


    また、ウォーターサーバーの水も定期的に宅配していただけるので、今まで重いペットボトルの水を運んでいましたが、その必要もなくなることがわかり、ウォーターサーバー購入することに決めました。

    ウォーターサーバー購入後

    ウォーターサーバーは、購入後、実際に使ってみて思ったことは、想像以上に便利という事です。

    水を飲みために、いちいちキッチンまで戻っていましたが、今では、ウォーターサーバーがあるところに行けばよいので、非常に楽です。

    加えて、あたたかいお湯がいつでも出るというのも大変役立ちます。

    あたたかいコーヒーやお茶を手軽に飲むことができます。


    後は、やはり、おいしいの水が、いつでも飲めるということが一番購入してよかった点です。
    これからも、ウォーターサーバーを便利に活用していきたいと思います。

    ウォーターサーバーの水で料理

    新しくお米を購入して、せっかくなので、ウォーターサーバーの水でご飯をを炊いてみました。

    ウォーターサーバーの水でご飯は、いつもより、ふっくら炊けているように感じられ、とても美味しかったです。

    その他にも、ウォーターサーバーの水を使って、肉じゃがを作りました。
    普段は、煮物が苦手であまり、作らないのですが、今回は、ウォーターサーバーの水で料理がしたかったので、作ってみました。


    出来上がった肉じゃがは、思っていたより美味しく作ることができましたので、もしかしたら、ウォーターサーバーの水のおかげかも知れません。

    ウォーターサーバーと子供

    ウォーターサーバー購入した直後は、子供ふざけて、ボタンを押したりて、困っていたのですが、段々、使い方を理解して、自分ひとりで、コップを持って、飲むようになりました。

    また、ウォーターサーバーの水が出るところが、低くく、子供には、ちょうどよい高さになります。

    ウォーターサーバーを購入した事によって、子供たちの教育につながってよかったです。

    また、この前、子供の運動会がありました。

    運動会では、お弁当を用意しますので、朝から大忙しです。

    そんなとき、ウォーターサーバーが、大変役立ちました。


    麦茶を作り時の水、ご飯を炊くときなどにウォーターサーバーの水を大量に使いました。
    今後も便利なウォーターサーバーを活用していきたいと思います。

    山登り

    この前、子供を旦那に任せて、ひさしぶりに、山登りに行きました。

    久しぶりなので、標高の低い高尾山を選びました。
    高尾山なんて余裕だと思っていたのですが、子供を出産後思っていたより、体力が落ちていたようで、途中で、へとへとになってしましました。


    14時頃なんとか頂上に着くことができました。

    そして、頂上で飲む水筒のウォーターサーバーの水は格別でした。

    また、今後は、子供が大きくなったら、家族みんなで、山登りをしてみたいと思います。

    冬のウォーターサーバー活用

    最近、本格的に寒くなってきました。

    そんな時、ウォーターサーバーが大活躍します。


    朝を起きて、ウォーターサーバーのお湯を使ったコーヒーを飲みます。

    その後、朝食で、目玉焼きやスープを作り時もウォーサーバーの水が役立ちま。

    また、冬場、暖房を使うとどうしても、部屋が乾燥してしまいますが、そんな時、こまめに水分補給できるところも大変便利です。

    加えて、旦那がお酒お飲むとき、お湯割を簡単に作り事ができます。

    このように、冬場、ウォーターサーバーは、欠かせない存在となっています。