1. ウォーターサーバーの契約時に確認したい交換オプション

ウォーターサーバーの契約時に確認したい交換オプション

[記事公開日][最終更新日]

目次

    ウォーターサーバーの契約時には料金や消費電力に目が行きがちですが、それ以外にもちょっと気を付けておきたい事項があります。それはサーバー本体の交換の有無です。長期間使用し続けるモノだから、メンテナンスだけでなく、交換もほしくなるものです。

    メンテナンスじゃ不十分

    ウォーターサーバーを選ぶとなって、さてどこと契約しようかと悩むなら、メンテナンス関連の事項にも目を通すべき。契約した人はたいてい1年以上は使っています。長期間の使用となればサーバー本体も気になります。 一部契約では「無料での部品交換」を明記している業者もあります。また、クリーニング用の器具を販売している業者もあります。でもそれだとちょっと不安です。サーバー本体が壊れてしまったときは別途料金を請求する業者もあります。 衛生上からも、「本体交換」を契約に入れている業者の方がオススメです。1年ごとに本体を無料交換、とする業者は少なくありません。

    ウォーターサーバーそのものは進歩しつつある

    ウォーターサーバーの機能と言えば、冷たい水と熱いお湯が出る程度と思いがち。いやいや、そうでもないかもしれない。いまウォーターサーバーは新機能を模索しています。 たとえばインターネットとの連携。ボトル交換をサーバー本体が記録し、追加注文の時期がきたことをお勧めする。そんなサービスの開発が進んでいます。これがあればうっかり買い忘れたなんてこともありません。

    SNSと連動したウォーターサーバーがすごい

    中国のある学生が微博(中国版ツイッター)でウォーターサーバーの変わった活用をしています。大学の実験室にあるウォーターサーバーを擬人化して、アカウントを作ること。そのアカウントには仕掛けがあって、水の交換時期やお湯の準備完了などをSNSを通じて報告してくれます。 仕組みはカメラとの併用。ウォーターサーバーの近くにカメラを設置。ボトルの水面の変化やお湯の準備完了ランプなどを監視し、変化があったらSNSに投稿する。大勢の人が使うような場所にあるウォーターサーバーでは喜ばれる機能です。 この機能が商業化されれば、なかなか便利になりそうです。