1. ウォーターサーバーとお茶の関係

ウォーターサーバーとお茶の関係

[記事公開日][最終更新日]

目次

    ウォーターサーバーは近年普及していて、もうどこに行ってもある存在になっています。ウォーターサーバーのお湯の温度は、大体85℃~90℃になっています。エコモードとか、省エネモードが付いている器械とかは65℃くらいまで下げることが多いです。ウォーターサーバーサーバーは確かに便利ですが、温度が確定していないため、お茶、コーヒー、カップ麺など使う時に注意しないといけません。特にこだわりを持つ方々はウォーターサーバーのお湯温度について詳しく知る必要があります。本文はウォーターサーバーで、おいしいお茶・紅茶・コーヒーを飲みたい!って思っている人にうまく温度を利用する方法を教えます。

    ウォーターサーバーは万能ではない

    ウォーターサーバーは冷たい水でも、お湯でもすぐ出るから使いやすくて、万能だよねと思う方は絶対いると思います。しかし、確かに思ってることが事実ですが、お湯がそのまま出るから、お茶・コーヒー・紅茶など何でも美味しく飲めるというわけではありません。その理由は今から説明します。 まず、紅茶、コーヒーなどの原材料によって、美味しく入る温度はそれぞれ違います。例えば、よく言われているのは紅茶などのお茶は80℃がいい、それに対して、コーヒーなどのノ飲み物はできるだけ100度に近い温度で入れた方が最も素材の旨味を引き立ちます。もっというと、カップラーメンのためにウォーターサーバーを買う人が多いと思いますが、実はカップラーメンを作るお湯の適温は90℃以上になります。現在市販のウォーターサーバーの中ではその温度に対応できるのがほんの一部です。

    ウォーターサーバーと紅茶・コーヒー

    ウォーターサーバーのお湯の温度は、80~90℃っていうのがほとんどです。実はウォーターサーバーのしくみ上の問題と電気代を抑えるために一定の温度を保てません。沸くボタンが付いているものだと、沸くという作業が完了下後にお湯95℃以上ありますが、それから次湧く機能を起動するまで温度が下がる一方です(一定の温度以上)。 その為、沸いた直後でなければ、お湯の温度を正確に知ることが出来ません。 正確の温度がわからないと、お茶、コーヒーを完璧に淹れることが出来ません。筆者は大のコーヒー好きでほぼ毎日欠かさず飲んでいますが、たまに低い温度のお湯で入れたりしますが、やはり風味が全然異なります。本来コーヒーが持つ旨味が全く感じられず、逆に酸味と苦味が強まる印象です。結果的に「せっかくウォーターサーバー契約したのに、全然役に立たない」と思ってしまいます。

    カップラーメンには向かない

    お茶、コーヒーも勿論ですが、正直一番致命的なのはカップラーメンを食べる時です。 筆者もそうですが、体に良くないといながら、結局カップラーメンを食べてしまいます。美味しいからというのは1つ大きなポイントですが、その他に人々がカップラーメンを選ぶ1つ大きな理由は便利だからです。 「お湯入れて3分経てば、自宅で美味しいラーメンが食べられる」一人暮らしの学生、サラリーメンにとって非常に魅力的です。しかしここで1つの問題があります。「水を沸かせるのが面倒くさい」問題が浮上しました。これはかなり致命的です。そもそも「作り方」には、「熱湯をかける」って必ず書いています。人々は如何に早くカップラーメンを食べるという目標を掲げ、T-falなどを経験し、最後ウォーターサーバーに辿り着来ました。そこで「お湯がぬるい!」問題が発生しました熱々の感じで、麺をフーフーして食べる感じではなく、微妙にぬるい感じがどうしても気になる人がいます。

    沸くボタンが必要

    では、どうしたら良いのか?と思う人が多いと思います。別に絶望的になる必要がありません。お茶を美味しく飲みたいとか、コーヒーを美味しく飲みたい、カップラーメンも美味しく食べたいのであれば、「沸くボタン」がついているウォーターサーバーがおすすめです。常にタンクの中でお湯の温度は変化しているため、お茶を入れる時に、再加熱した直後にお湯の温度は90℃を超えるのでその時のお湯を使えば全ての問題が解決します。再加熱と言ってもそこまで時間がかかりません。元々お湯の温度が80℃前後があるため、約30秒~1分でお湯の温度を90度以上にすることが可能です。