1. いま話題の水習字とは!!

いま話題の水習字とは!!

[記事公開日][最終更新日]

目次

    江戸時代に、庶民教育の寺子屋での教育で、大事にされていたことは、「読み・書き・計算」でした。 時代が経過した現代において、子供を教育するうえで非常に重要な要素であるとして、教育現場で再注目されるようになってきています。 その中でも、最も注目されているのが、書くという分野です。 いま話題の水習字について、まとめました。

    習い事に習字が人気

    最近の習い事は色々ありますよね。 子供はもちろん、大人も習いたいと思うような、習い事が多くあります。 スポーツ系だとサッカー、野球、空手などが人気ですよね。 学習系だと、そろばんや英会話、女の子だとピアノといったように習い事はたくさん種類があります。 確かに色々あるけど、親としては、どうせ習うなら大きくなっても役に立つものを、習わせてあげたいのが本音ですよね。 そんななかで行き着くのが習字なんです。 よく考えてみると、「字を書く」と言うのは、一生必要なことであって、何歳になっても字は書きます。 現代社会はパソコンやスマートフォンがかなり普及していて、字を書くという機会は減っているけれども、 字を書くことは、普段の生活から、社会に出ても役に立つと考えて、子供に習わす親が多くいるのです。 習字を習わそうと決めたのです!

    基礎を身に付ける力

    子供はもちろん、大人にとっても習字を習うメリットはどこにあるのでしょうか? 一本線の書き方から、始まる字の練習、そして、四角のマスを使って、ひらがなの練習。 手本を見て、きれいな字の書き方を何度も練習することで、字の形のとりかたを覚えていきます。 字には書き方があり、それを覚えることによって、きれいな字を書くことができます。 そして基本を何度も練習するという作業は、自然と基礎を身につけるという事ができるのです。 この力はどの分野においても重要です。

    集中力をつける

    四角のマスを使っての練習。 お手本と同じように形をとるために、どのあたりから字を書き出せばいいか、どこではらえばいいのか、どこで止めればいいのかといったように、習字は考えることが多いのです。 皆さんもきれいな字を書くときに息が止まりますよね。 それほど集中しているのです。 習字を習う過程で、『一文字』から『単語』、そして『文章』へと少しづつ集中力を伸ばしていくことができます。 集中力をつけることによって、物事をやり抜く力がつきます。

    感性を育てるために

    子供や初心者の「習字」の段階では、お手本を見て、そっくりに真似ることが勉強です。 習字は真似ることによって、どんどん上達していくものですが、この行為は、簡単なようでとても難しく、たやすく成せることはありません。 何度も何度もチャレンジし、うまく書けなかったら、次はここをこうしてうまく書けるように書く、ひたすらその繰り返しです。 そこには、お手本との違いに気づく「目」「心」が重要ですよね。 「目」と「心」で見ることは中々難しいかもしれませんが習字を続けることによって、自然と養われていくのです。 今の時代、自分自身と向き合う時間を作れていない子供が多いと思います。 パソコンやスマートフォンがかなり普及したせいもあるのでしょうか、昔に比べて、一人だけで物思いにふけったり、一人で散歩しながら、空を見ながら自分だけの時間を過ごしたり、という機会が少なくなっているように感じます。 人として大事な「感性」というのは、自分自身と向き合っている時間に養われるものです。

    正しい姿勢を保つ

    現代は、ゲームやパソコンをすることが多く、猫背の人が多いですよね。 大人でさえも、背筋を伸ばすことを意識してできる人が少なくなってきていますので子供のうちから猫背になってしまうのは、避けたいですよね。 子供の場合、姿勢が悪いと学力の低下、運動機能の低下を起こしやすくなるといわれています。 正しい姿勢で生活するのは、健康を損なわないためにも必要だということです。 習字をしている間は、正しい姿勢で字を書くことが重要です。 背筋を伸ばして肩の力を抜き、鉛筆や筆を正しく持つという、正しい姿勢で書かないときれいな字が書くことができないからです。 字を書く時間だけでも 正しい姿勢でいるということを継続していくと、自然と正しい姿勢で生活していくことができます。

    水習字にウォーターサーバー

    かなり贅沢な使い方になりますが、水習字をこれから始める家庭におすすめしたいのがウォーターサーバーです。 ウォーターサーバーを契約すれば家まで配達してくれるので。重たい水を家まで持ち帰る手間も省けます。 また水が無くなったら、すぐに交換してもらえるので毎日の日課として習字をしても安心です。 意外と水習字は水が必要になります。 ウォーターサーバーを利用して、一生物のきれいな字を身に付けましょう。